映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:ザック・スナイダー
出演:ジェラルド・バトラー/ レナ・ヘディー/ デビッド・ウェナム/ ドミニク・ウェスト/
評価:★★★★★
時間:117min(2007米)【R-15】
【公式HP】





「重厚なCG加工で絵画的な映像美に、300人の精鋭が戦う大迫力な戦闘シーンに大満足!!!」

とても興味があった作品で、先行で観ようと思っていたら、「ジャパンプレミヤ試写」が当選したので、ステップ踏んで喜んで鑑賞してきましたよぉー♪

物語は紀元前480年、実在したのスパルタ王レオニダスと300人の精鋭が100万人の戦った歴史を題材としていて、「シン・シティ」の書いたフランク・ミラーの原作グラフィックノベル「300」の映像化作品です。

感想は一言で言えば、戦闘シーンが凄い!!格好いい!!痺れます!!大画面で観ないと大損しちゃいますよ!!

フランク・ミラーの前作映画化作品「シン・シティー」もハードボイルドな感じでモノクロトーンな映像でCG加工されてましたが、本作もCGによる配色加工されて重厚感を増すようなイメージで登場人物や背景に重みが着いた映像でした。そのお陰で一部の映像は絵画なような映像もあったりしていましたぁ~。監督がPVやCM出身の監督さんだからこその映像なのではと思う。

そして本作は7割位がが戦闘シーンになっていて、その中でも谷での最初の戦闘映像には驚いた!!うまくは言えないんだけど、兵士一丸となって盾で防御しつつ敵兵に突入して行くシーンなんだけど、スローでコマ飛ばし送りみたいな感じな映像に「ゾクゾク」って来ました!!「マトリックス」を最初に鑑賞した時に、「ブレッドタイム」のCG技術でも凄いと思いましたが、こんなに体が「ゾクゾク」って来るのは初めてかも!!

その戦闘シーンですが、本作は「R-15」指定って事で大量の血しぶきや、生首が飛び交ったりするけど、CG効果があり過ぎてまるで生々しくないw。先日鑑賞した「女帝」の方が血が生々しいです(汗)監督の前作は「ドーン・オブ・デッド」なのに、本作ではなんか抑え気味で、生々しいの嫌いな自分としてはこれで良かったけどねw

あと突っ込み所?なのかなぁ・・
相手のペルシア軍って本当に人間なんですか!?って位なんか化け物系が多いですwそれとペルシア王もなんかボイスチェンジャー!?でも付けてんだか分からんけど、声がこもってる話してるのって何故と突っ込みたかったですw

アクションが多い分、ドラマ部分な要素が少ないかなぁ~。近年作品だと「グラディエイター」はドラマ部分にも力を入れていて良い作品だと思いましたが、本作は戦闘が多い分誰でも分かり易い物語になっていて、小難しい話が苦手な自分としては物語の奥深さが無くても全然平気でしたよー。あと自分はまるで知らなかったんですが、スパルタの他作品や歴史を知ってる人にはもしかすると映像楽しめる反面物足りなさを感じるかも知れませんねー。

あと他のレビューも読んでみたんですが、戦闘シーン多過ぎとかゲームっぽいってとか安っぽいとありましたが、個人的にはそんな風には思えなかったですよ。

まぁ、そんな感じで戦闘シーンと映像に大満足で、個人的に体感時間も1時間ぐらいに感じるほどあっという間でしたよ♪そんな訳で、2007年上半期TOP1かもね♪
と言うことで、アクション作品が大好きな方、とてもお勧め作品ですので、是非映画館で鑑賞してみてください。レンタル待ちはダメですよ!!(笑)

あと実際のスパルタについては、こちらを読んでみると良いですよ♪
「スパルタ -Wikipedia-」

パンフレットのインタビューを読んでいたら、「シン・シティー2」に取り掛かりたいって記載されてました!これも早く観たい!!早く撮ってくれ~!!


関連記事:『300ジャパンプレミヤ試写会♪』
鑑賞日:2007/06/06(ジャパン・プレミヤ試写会)
【Movie Review Index(PC向け)】
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/769-bf846b9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。