映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:塩田明彦
出演:妻夫木聡/ 柴咲コウ/ 瑛太/ 杉本哲太/ 土屋アンナ/ 劇団ひとり/ 中井貴一
評価:★★★
時間:138min(2006)
【公式HP】



手塚治虫の原作「どろろ」の実写映画化作品。このマンガちゃんと読んだことが無く、48体の魔物に体を奪われて、主人公の百鬼丸が魔物を倒して体を取り戻すと言うロールプレイングゲーム仕立てな物語になっています。ちなみに最初はどろろが主人公だと思っていましたよ(笑)

予告は、おっ!エンターテイメントムービーじゃん!!と期待して本作を見に行ってきました♪で、感想は、正直いまいちなんですが、物語の説明の進め方はちゃんとしているので、とりあえずは最後迄だれること無く鑑賞が出来ました。面白いのか?と言われれば、まぁまぁってとこでしょうか?
見所は本当は魔物との対決です!と言いたい所ですが、そんなに魔物との戦いが凄い!迫力がある!!って驚くほどの物が無く、連続で魔物をガンガンと倒す連続シーンがあるけど、どうも盛り上がってる様には、感じられなかったんですよね。

俳優さん達は、CG相手に頑張ってワイヤーアクションをしてると思うんですが、どうも魔物が微妙な気がしました・・・。

で、自分的に見所ってのが、取り戻された自分の体が戻るシーンです(^_^;)何処が取り戻せたのかな?ってワクワクしながら鑑賞してましたよ

あと、どろろを演じた柴咲コウですが、「男として育てられた」と言ってるのに、どう見ても女性なんですよ。やはりもう少し男性っぽい人??か子供にした方が良かったのでは?と思いました。柴咲コウ自体の演技は悪くは無いんですけどね・・。

ここ数年で上映された、時代劇活劇と言えば「あずみ」「あずみ2」「魔界転生(窪塚版)がありますが、この中で面白かったと言えば、「あずみ1,2」で、その次がこの「どろろ」かな?

原作通り最後まで、体を取り戻せないまま途中で話しが終了しますが、続編作られるのかな・・。制作費がかなり掛かっているみたいですが、その大半はニュージーランドロケによる物だったりして・・。次回作作るならCGや演出の方にお金を回して欲しいなぁって思いました。

鑑賞日:2007/01/27
【Movie Review Index(PC向け)】
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/739-ffeb5ea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
あずみ『あずみ』は小山ゆうの漫画、及び2003年に同原作で映画化された日本映画である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
2007/10/05(金) 22:42:37 | ゲーム情報局
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。