映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:クリストファー・パオリーニ
出演:エド・スペリーアス/ ジェレミー・アイアンズ/ シエンナ・ギロリー/ ジョン・マルコビッチ/ クライブ・オーウェン/ジュリアン・ムーア
評価:★★★☆
時間:109min(2006米)
【公式HP】




この映画の予告見て思ったのが、「えー、またファンタジー大作が上映なの!?」って思い、ちょっと予告第1弾の時は見る気になれなかった。でも第2弾では、生まれたてのドラゴンの映像で、ドラゴンの表情が「ネバーエンディングストーリー」のファルコンに似ていたので急に興味津々になったのと、チケットを頂いたので鑑賞してきました♪

感想は展開が早いファンタジー作品で大作って感じはしなかったなぁ。ドラゴンが良く描かれてなかったら楽しめなかったかも知れません。
本作は元々長編小説の3部作らしいですが、かなり説明をカットしていて、登場人物に感情移入が出来ませんでした。物語展開は王道系で作品的にスターウォーズIVに似ていて、ベタな感じがしましたね。下手すれば、B級作品(「D&D」とかねw)になりそうな感じもしないでは無かったです。
登場キャラでは、ジェレミー・アイアンズが演じる「ブロム」が渋いオヤジで好きだったなぁ・・・。
長編大作なんですが、上映時間が短いので、だれる事は無く楽しめるんですが、王道的なのでファンタジー作品を沢山鑑賞されている方には物足らないと思います

この作品の注目点って言うと、やはりドラゴンに尽きます。物語がドラゴンとドラゴンライダーの成長記なので、ドラゴンのCGはかなり頑張っていると思いました。
ちなみにタイトルの「エラゴン」はドラゴンの名前では無く、主人公の名前です

生まれたての赤ちゃんドラゴンは、可愛くて女性や動物好きは、ちょっとキュンとなるかもです。ドラゴンの成長過程がちょっと早すぎって気もしました。子供から大人になるのが早いんですよ(^_^;)
ネバー~のファルコンもそうですが、ドラゴンが人を乗せて飛ぶってシーンは本当に好きです。後半のドラゴンと暗黒の物との戦いは暗がりではっきりして無かったのでちょっと物足りませんでしたね。

「ロード・オブ・ザ・リング」を越えれないし、大作って味わいを出して無い本作ですが、まだあと2作品あることですから、もう少し物語に厚みをつけて作成していって欲しいですね。ドラゴンの活躍をもっと見たいです♪

鑑賞日:2006/12/29
【Movie Review Index(PC向け)】
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/695-4d2cc83c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。