映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:イ・ジュンイク
出演:カム・ウソン/ イ・ジュンギ/ ユ・ヘジン/ チョン・ジニョン/ カン・ソンヨン
評価:★★★★
時間:122min(2005韓)
【公式HP】




本作品今年の東京国際映画祭でオープニングナイト作品として上映されて、主演のイ・ジュンギは実際にレッドカーペットで見て、沢山のファンからの嬉しい悲鳴が沢山聞いたのを覚えてます。なかなか評判が良さそかな?って思って映画祭の時に見ようかな?って思っていた作品で、チケットを頂けたので仕事納めの日に鑑賞してきました。
タイトルが「王の男」ってなっているので、王様を中心とした物語だと思ったら、王様に立ち向かう芸人さんの物語でしたよ。てっきり歴史大作かと思いました。
感想は、演芸を楽しみつつ、芸人の生き様を見せてくれる作品で満足しましたよ

その王に立ち向かうカム・ウソンが演じるチャンセンは原作ではチャンセンは元々の原作には登場しないキャラクターだそうです。このキャラが居なかったら、話はこんなにも面白くはなかったと思います。チャンセンがコンギルに対して、男の友情を越える何かを見せてくれたのではと思います。

そして原作に登場している、女性より魅力で、男に惚れられるコンギルが、美形だからといってそんなに男に惚れられるものなのか?って感じて、本作の中で何故にそんなにコンギルが惚れられるのかが、あまり伝わらなかった?女性より魅力的だったのか?その辺りがもっと描かれていれば良かったかな?
コンギルを演じるイ・ジュンギはたしかに美形でしたね。本作で、背中など露出しますが、肌は綺麗ですが、惚れちゃう!って事は無かったです(笑)

大道芸や演芸については、かなりしっかりと作られていて、結構いろんな演芸が観れますがそれぞれ楽しめる用に制作されていると思いました。自分的にも結構楽しめました♪

あと最近宮廷って言えば、チャングムですが、王様絡みでチャングム関連あるんだか、無いんだか書かれてる記事を見かけませいが、自分自身、チャングムをちゃんと鑑賞した事が無いので、良くは判りませんが、宮廷の王様の暮らしぶりを見るのには良いのかな?って思いました。

宮廷や大道芸や演芸好きにはたまらない作品です。興味があれば是非鑑賞してみてくださいね♪
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/694-6c320621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。