映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:天願大介
出演:田中麗奈/チェン・ボーリン/井川遥/宮地真緒/佐野史郎/佐藤浩市 
評価:★★★★★
時間:129min(2006)
【公式HP】




舞台挨拶が初日と17日にトークショーが会ったんですが、歳でしょうか?ちょっと並ぶ気がなかったのと、色々忙しかったんですが、やっと鑑賞出来ました♪

さてこの作品ですが、乙一さんの小説が原作で、小説を極まれにしか読まないんですが、有名な作者さんってのはなんとなく知っていて、かなりの原作の人気が高いそうです♪

作品を鑑賞してみて、凄い!!今までの田中麗奈として最高の演技じゃないでしょうか!?って位に素晴らしかったです。
(すべての作品を観てはいませんが・・汗)

物語は・・交通事故で視力を失うったミチルと父で暮らしていた。ある日父が突然亡くなりミチルは独りきりになる。ある日、家の前の駅で殺人事件が発生!その容疑者がミチルが盲目と知り家に忍び込んだ。不思議な共同生活が始まる・・・

作品は3章構成で展開で「ミチル」「アキヒロ」「ミチルとアキヒロ」で展開されます(原作も一緒かな?)タイトルにある人物を中心に各章が描かれてます

ミチルは全盲で、作品の序盤に、父を亡くして独りぼっちになってしまうんですが、全盲の演技も前回より良く、そして純粋な女の子を演じていて、窓から叫ぶシーンとか演技が良く、ミチルが初めてアキヒロに存在に気づいたシーンも印象的でここから、涙がこぼれるまでは行きませんでしたが、終盤まで涙腺が緩みがちでウルウルする箇所が多かったですね。最後のシーンまでとても良かったです。

全盲の役としては、「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」でも演じていましたが、今回の場合は前回とまるで違い、かなりの全盲の方からアドバイスや特訓をされたそうです。(実際の全盲の方とは多分違うような気がしますけどね)

作品については、ちょっと演出がイマイチな所が多々ありまして・・・
物語が殺人事件を切っ掛けとしていてサスペンス仕立てなんですが、本格的って程ではありませんでした。ミチルが一人で外に出歩くシーンが嫌がる理由ですが、一般的には考えられないんですよね。不自由な人に冷たく当たる人は居ないと思う。(今の世の中は冷たい人多いから・・・そうでも無いのかな??)アキヒロが中国人とのハーフなので、虐められている問題等、井川遥が演じるハルミが色々と演出が足らなかったり、変に過剰な演出や演出足らずで結構マイナス点で残念でした。

でもマイナス点がありますが、この作品の見所は、ミチルとアキヒロを演じる田中麗奈とチェン・ボーリンが全てだと思います。上記にも書いたんですが、二人の手探り感覚な生活の演技が本当に良いのですよ。評価としては、★×4が妥当な気がしますが、二人の演技が良かったので★×5にしてます。


(パンフより【パンフの出来が「きょうのできごと」っぽくGood!】)

この作品を見て感じるのは、自分の居場所、必要な人、そして人間は一人で生きていけないと様々な事を語りかけ教えてくれる作品だと思いました。そうんだよな~って頭の中で考えてましたよ。サスペンス要素を含んだ心地良い作品でした。
(この作品のDVD購入すると思いますね♪)

田中麗奈ファンに必見でお勧めの作品です♪
ミニシアター系作品で、評判も良く混雑しているのでお早めに劇場に行った方が良いですよ♪劇場が近くに無い方はDVDがレンタル開始したら是非観て欲しいです

チェン・ボーリンの出演作品の鑑賞は、これで「藍色夏恋」「シルク」(2007年)「幻遊伝」そして、この作品の4本目で、来年には月9ドラマの「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」にも出演するそうです。チェン・ボーリンは日本を中心に活躍してくのかな?チェン・ボーリンのファンの方はチェックです!


鑑賞日:2006/12/15
【Movie Review Index(PC向け)】

スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
彼女は「はつ恋」と「がんばって~」しか知りませんが上手ですよねー。本作は予告編だけ見ましたが佐藤浩市がホームで突き落とされるシーンでチョットびっくりしました。監督は今村昌平の息子さんですよね。ちょっと七光りっぽくて微妙ですが乙一さんの原作なら話は面白そうな気がします。
2006/12/18(月) 04:14 | URL | ペッタンコ #-[ 編集]
■ペッタンコさんへ
チケットありがとうございました!!
好きな女優さんの作品が観れて嬉しかったです♪

彼女の作品では、「はつ恋」「きょうのできごと」が好きですね~。実は「がんばって~」は何度も見ようとして見ずに返却したりしてしまって、ついつい見逃してしまってるんですけど、今年の序盤にリニューアル版のDVDも買ったんですけど・・・まだ見てない。

今回の演技と最初の「がんばって~」と演技を見比べる為にも年末年始に鑑賞しようと思います

この予告でも出る、「佐藤浩市がホームで突き落とされるシーン」ですが、劇中で3回は見せられますよ。
ちょっとこのシーンを3回も見るとちょっと・・・。
そのうち1シーンは血が飛び散りますからね(^_^;)

そうなんですよ、今村昌平の息子さんです。監督の作品は観てないですが、「うなぎ」が有名ですよねー。
今回の作品は監督の腕より、主演の二人の演技が絶品って感じでしたよ~
2006/12/19(火) 02:40 | URL | としあに #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/687-71613d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。