映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:麻生学
出演:堀北真希/黒木メイサ/板尾創路/ジャン・グンソク
評価:★★
時間:105min(2006)
【公式HP】




最終章?となるこのファイルをレンタルで鑑賞しました♪
と言っても自分はホラー嫌いなので、自分では借りた訳では無く兄弟が鑑賞していたから少し離れて鑑賞していたんですよ(^_^;)

それで中盤から何気なく鑑賞したんですが、これ怖くなかったです(笑)
でも・・・。映画館だったやっぱり多少はドッキリすると思いますよ。

この着信アリシリーズは今回が初めて鑑賞するんだけど、前2作の内容は良くは知らないけど、自分の携帯に、自分から電話がかかると死んでしまうというお話で、今作は、「転送してしまえば、死なない」って言う設定で、1度のみしか使えないみたいです。
なので、着信して転送して、その人が殺されて終了では無く、また幽霊の少女が選んで着信させるという物でした。

今回の主役は黒木メイサで、その友達の堀北真希はいじめられっ子で、自殺を図ったら、虐めの怨念?に着信アリの幽霊が取り憑いて、恨みはらしてやる~!!と殺戮するお話です。

バトルロワイヤルでもそうですが、人間って、いざとなると「自分だけ死にたくない」、そういう時に限って、「俺たち友達だろ?」とか都合が良くて。そんなやつは転送されて殺されてしまうのは見え見え、イジメておいて助けては都合良すぎです。
今の世の中も毎日自殺、イジメのニュースばかりで嫌な感じなんですが、その事を取り上げた作品でもあり、人間の嫌な部分、人を信じたい、分かり合える部分が描かれていました。ちなみに殺されるシーンも凄くホラーとしては軽め、目を背けなくても見れました(^_^;)

そしてこのドラマの終盤では電車男みたい?いや、サイバーテロ?ぽい感じの描写がありますが、理論的にこの映画のような展開にはならないと思ってしまって、もう少し設定を良く練った方が良いのではと思いました。まぁ転送という新しい要素としては、良いけど元々のホラー的な要素が薄くなってしまったのは、このシリーズのファンには残念かも知れないですね。

そう言えば、「鉄板少女アカネ」のドラマ番宣で、堀北さんは「ここ連続で虐められている役で、暗い子のイメージ」を覆したいと言っていましたね♪「ノブタ~」とこの作品が立て続けだとそう思われてしまうのも仕方がないかな??

まぁー結論は、ホラー嫌いの自分が鑑賞できたので、ホラー初心者には最適化も!シックスセンスより怖くない作品でしたよ


【Movie Review Index(PC向け)】

スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/677-3ef27c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
着信アリ 『着信アリ』(ちゃくしんアリ)は、角川書店が刊行した秋元康原作のホラー小説シリーズである。テレビドラマ作品に関しては着信アリ_(テレビドラマ)を参照。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- H
2007/07/30(月) 20:36:04 | あのドラマに夢中!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。