映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ヒュー・ジャックマン/レイチェル・ワイズ/エレン・バースティン
評価:★★★☆
時間:97min(2006)
【海外公式】




※2007年新宿テアトル他公開
東京国際映画祭で鑑賞してきました。

この作品難しかったです。チラシ等で予め物語を知っていないと辛いです。
永遠の愛と生命の物語なんですが、劇中ずっと頭悩ませてましたよ・・・
なかなか感想が書くのが難しい作品ですが、後日補完しますので、
お待ちくださいm(_ _)m

ヒュー・ジャックマンがスキンヘッドで登場するのはちょっと驚きです!
本当に剃ったぽいけど、CGではない気がしますね

特別招待作品なのに舞台挨拶もビデオレターも何も無かったのが悲しかったです。
先行上映+ゲストが来るって事で、普通の映画鑑賞とは違った楽しみ方があるのになぁ

【Movie Review Index(PC向け)】
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
質問
ファウンテンってなんて意味ですかね?題名から何も連想出来ない~敷居が高そうっす。
2006/10/23(月) 02:01 | URL | ペッタンコ #-[ 編集]
舞台挨拶ある上映会にいってきました。
お子様の話とか出てましたね。
監督ご本人も一緒に映画鑑賞されてましたよ。
今週は日本に滞在するらしいです。

ファウンテン→根源って字幕には出てたような・・・。
終わった後、ちょっとまったりするかも。
2006/10/23(月) 13:00 | URL | 確かに難しかったです。 #-[ 編集]
■ペッタンコさんへ
直訳すると「噴水」ってなりましたが・・・
下記の方のコメントによると「根源」

生命の源や泉を示してる感じですね。
あとで記事を補完しますが、この作品、中世スペイン&マヤ、現代と、26世紀の3つの物語からなっています。

このチラシは26世紀の時代の写真になっていて、これが宇宙船らしいですよ(^_^;)
2006/10/25(水) 01:31 | URL | としあに #-[ 編集]
■確かに難しかったです。 さんへ
コメントありがとうございます

舞台挨拶があったのは、後から追加上映になった方で開催されたんですねー。

うーん。実際に観たかったです。
でもさっき公式HPを観たら舞台挨拶の模様の動画が見れました!!!
監督とレイチェル・ワイズの間にお子さん誕生したんですねー

この作品観ていて、3つの時代がどうつながるのか?
ずっと???で鑑賞していて、最後でここで終わりなのか!?って感じで終わった後、ずっと頭を抱えてどうだったんだーこうなんだよなーとか話の結末を考えてしまいましたよ(笑)
2006/10/25(水) 01:42 | URL | としあに #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/649-d414067e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。