映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:荒牧伸志
声優:小林愛/ 小杉十郎太/ 松岡由貴
評価:★★★★
時間:103min(2004)






【物語】
非核大戦後の地球。戦士デュナンは平和都市オリュンポスで、生き別れた恋人ブリアレオスと再会。 その都市は、人口の半分が“バイオロイド”といわれるクローン人間だった。ある日この都市で大規模のテロが発生してしまう・・・。

【感想】
フルCGアニメと宣伝さらているこの作品を鑑賞してみました!感想はっていうと、なかなか良かったですよ。

物語は大戦後の世界の話で、人間と、クローン人間が共存していこうとしてる話。原作が士郎正宗さんって事もあって、「攻殻機動隊」に雰囲気が似てます。(こっちは人間とクローンだけど、攻殻~はアンドロイド)哲学ぽい所は無く物語的には分かり易いものになっていて、頭が悪い管理人はこちらの方が物語的には好きです。この作品も先日鑑賞した「キャシャーン」と同じくなぜ人間は争うのかという事もテーマにもなっています。CMで「新藤昌子アナが感動しちゃいました」と宣伝してますが、感動まではいかなかったけど、しんみりする所はありましたよ。

3月にCGと2Dアニメを融合していて、「イノセンス」の映像がとても描き込みが凄く感動しましたが、こちらの作品は完全CG作品となっています。映像は結構綺麗で、オープニングのビルの廃墟や海は実写ぽっかたで良かったんですが、キャラクターが、3Dでモデリングとかやってるとは思うんですが、マネキンぽいのと影の感じちょっとへんな気がして違和感を感じてしまいました。CGの事そんな詳しくはないけど、98年かな?フルCG作品でこけた「ファイナルファンタジー」(以降FF)がありましたが、この作品にアニメを融合させて感じな作品といっても、FFに比べるとこちらの作品の方が技術が格段進歩しているって感じとりました。

今後のアニメはこの作品のようなフルCGで作られる物と、「イノセンス」みたいな2Dを生かしつつCGを取り込んでいるような作品と2極化してくのかなってちょっと思いましたね!

鑑賞日:2004/04/28
【Movie Review Indexへ】

スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/625-913667bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。