映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:細田守
声優:仲里依紗/ 石田卓也/ 板倉光隆/ 谷村美月/ 原沙知絵
評価:★★★★★
時間:98min(2006)
公式:http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/





だいぶ前にチラシをゲットして鑑賞して観たいなぁ~♪
って思っていた作品で、今回友達4人で鑑賞会して来ました♪
といっても都内で昼間から観れる劇場は「新宿テアトル」のみで
口コミで大人気になってしまった為、早い時間に整理券をゲットしないと
立ち見になってしまうの2回前の上映時間に整理券を貰いに行って、
一桁大だったので、良い席で鑑賞出来ました♪
(ちなみに客席は立ち見も満席!!)

実は原田知世主演の時をかける少女はちゃんと観た事が無く、覚えてるのが。
「と~き~を~♪ か~ける、しょうじょ~♪」ってフレーズのみ(笑)
そんな訳で、旧作のあらすじもあまり知らずに鑑賞してきたんですが、
率直な感想は、かなり楽しめた作品でした♪
さてこの作品の出だしで、うーんこれ面白いのかな?って少し不安がありましたが、
徐々に展開していくうちに作品の面白さが増してきて、笑いあり不安あり、
ドキドキ感も良く伝わって来る作品でした。

高校が舞台って事で、この頃って青春真っ盛りの時で、友達や恋愛やら勉強の事
今後の進路の事もあって楽しいこともあるけど、不安や色々葛藤もあるけど
この作品を観ると懐かしかったりやあの頃は良かったなぁ~って
思い出したりしましたね(この要素がヒットの理由なんでしょうね)

主人公の真琴は、偶然「タイムリープ」(時間移動)が出来るようになってしまって
その「タイムリープ」の仕方が、何故かダッシュしてジャンプしないと時間移動が
出来きなくて、時間移動後転けまくってしまい、そんなズッコケ「タイムリープ」の
シーンを沢山目にするとついついクスクスと笑いがこみ上げて来ました♪
そうそう「タイムリープ」する際の異空間も今風で良かったな♪

真琴みたいに時間移動後に痛い目に遭いそうになる「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアンも、時間移動後、ガス欠や建物に突っ込んだり等しましたよねぇ(笑)

もしも自分が「タイムリープ」出来ることならしてみたいなぁ~。
やり直せるなら、小学生からかな?今とは違う人生を気づいてみたいなぁ。

タイムトラベル系作品でいつも思うことは、過去や未来で時間を長く過ごせば、
現在に戻った時に他の人より年を取ってしまうんと思うんだけど、真琴はどの位の
時間旅行をしたのかな・・?って突っ込み入れるのはヤボな質問ですよね(笑)

話はそれたけど、「タイムリープ」を多用すれば、タイムトラベル系作品観てれば
分るけど、色々弊害が発生して来て、後半に向けて一体どうなるんだ!
とヒートアップ、そんな後半では、ちょっとウルウルしそうかもー!!
って展開もあって起承転結が上手く構成されている作品だと思いましたね。

ネタバレでは無いんだけど、本作に真琴のおばさん役で通称「魔女おばさん」
で呼ばれる芳山和子は、「タイムリープ」の事を教えてくれるんですが、
この名前でピンと来ませんか?そう原作、そして原田知世が演じた主人公の
名前で、旧「時をかける少女」何ですよ♪

原作と旧作の思いを意志を継承していて、彼女の言動を気にしてれば、
さらに物語に深みを感じられるのでは無いでしょうか?
ちなみに自分は原作の主人公の名前を知らなかったんですが、
(ちゃんと原作とリンクされて部分もありましたよ。)
そして本作を鑑賞後、原田知世主演の旧作か原作を読んで、もう一度本作を
鑑賞するとさらに「時をかける少女」が楽しめるかも知れませんよ♪

余談ですが、本作のキャラデザインは「エヴァンゲリオン」で有名な貞本義行さんは、ともかく、美術監督の山本二三さん(ナウシカ、ラピュタ、カリオストロの城の美術監督)作画監督の青山浩行さん(耳をすませば、猫の恩返しの原画)とジブリ作品に携わったお二方が居てちょっとビックリしました。ジブリさん人材手放しちゃダメですよ(笑)

あと声優だけど、多少は有名所の声優さんが居ますが、メインとなるキャラは
同世代の若手の俳優さんで起用することで、有名な俳優さんより気にならずに
鑑賞することは出来ましたよ。(谷村美月さんは、あの黒い涙の・・)

まぁ~そんな訳でこの夏、色々アニメ作品が上映されましたが、
本作が一番良かったと思うしお勧めな作品なんだけど、
全国的に公開劇場が少ないのが難点ですね。

公開終了後、早くDVD化して貰って多くの人に鑑賞して貰いたいと思いました。
近くで上映してる劇場があれば是非鑑賞してくださいね♪

鑑賞日:2006/08/20
【Movie Review Indexへ】
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
反応が遅れましたです……

いや、ほんと良かったですよね。
僕もアニメーションはいざしらず、映画自体の評価でも今のところ今年度NO.1かもしれません、それぐらいの衝撃度でした。
本当に皆さんに観て欲しい……けれど、いかんせん上映館数が少ない……(涙)

僕もDVDは購入予定ですw

旧作とのリンクも上手ですよね。
監督の心意気を感じます、微妙に崩れているような崩れていないようなハイセンスな映像も良かったですし、本当に満足致しました。
2006/08/26(土) 00:02 | URL | 黒子 #nfSBC3WQ[ 編集]
私の記憶が確かならば。。。
概略:ダッシュしてジャンプで時間移動て読んだ瞬間にDrスランプのダッシュしてコケて時間移動のイメージが浮かんだです。。。
2006/08/27(日) 20:43 | URL | ガンキチ #-[ 編集]
◆ガンキチ殿へ
すまん、迷惑コメント削除してたら連続で削除してしまったので、一部しか再現出来なかったよ。
m(_ _)m

で、アラレちゃんってたしかに、転けて移動するけど、
トキカケは時間移動したあと着地が上手くいかず、
転けまくり(笑)
でも、途中で転けずに着地成功するシーンもあったよん♪
2006/08/27(日) 20:47 | URL | としあに #-[ 編集]
◆黒子くんへ
コメントは気にしなくていいよぉ~(笑)
結約5時間前に行って、一桁台って言う混雑さは初めてだったけど、行って良かったよ♪

旧作を見てない人が多いから、この作品見て後から旧作を見て、またこの作品を見るってのが良い鑑賞の仕方かも♪
ってな訳で旧作をレンタルしてきました♪どんな内容だったか確かめるつもりっす

映像はすげーっとか思うところは無いんだけど、作画に近い柔らかい感じで、それがまたノスタルジックという感じな映像にも思えたしかに映像も合っていて良かったよね~♪

劇場数は増やしたくてもフィルム数が少ないんでしょうね?
こんなにヒットするとは思っていなかったのかもね
その分早くDVD化して貰いたいよね。
2006/08/27(日) 20:56 | URL | としあに #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/608-178f7663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。