映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:ブライアン・シンガー
出演:ブランドン・ラウス/ ケイト・ボスワース/ ジェームズ・マーズデン/ ケビン・スペイシー
評価:★★★★☆
時間:154min(2006米)
公式:http://wwws.warnerbros.co.jp/supermanreturns/




本当はゲドを鑑賞するつもりだったけど、スーパーマンが先行で
公開されているのでついつい鑑賞しちゃいました♪
今回は予告で見せすぎかと心配しつつ、鑑賞してみると・・・

オープニングからゾクって痺れた!!
ほら、スターウォーズ新3部作のエピソード1が公開された時に、
オープニングで「おぉー!!!」って感じっすよ!
旧作を踏襲してるのでとても嬉しくってテーマソングもそのまま!!!
マジで嬉しい!!! 

率直な感想は本当に懐かしく楽しく見れましたよ♪

地球に戻って来て、初のクラーク・ケントがスーパーマンになって、
ルイスの危機を救う為に、旅客機を救うシーンに感動!!
「スーパーマン!お帰りなさい!」って言いたくなる位で
CGが発展した今の時代だからこそ映像化出来たシーンでしょう♪

ついつい「鳥だ!飛行機だ!あっスーパーマンだ!」
当時のキャッチコピーをついつい思い出しちゃいましたよ(笑)
あと、「機関車より速く?弾丸より固く?」とかね!

やっぱりね、スーパーマンは「スパイダーマン」「バットマン」
「X-MEN」とは違うんだよ!
彼は!強靱な肉体を保ち、弱き物を助けてくれるヒーロー!
クリストファー・リーブ亡き後、本当に、彼以外はあり得ないと思っていたし
またスーパーマンが撮影されるって事を知った時はもう不安で仕方がなかった。
一時期、ニコラス・ケイジがスーパーマンに!!って時は止めてくれ!
と思った(笑)

今回のスーパーマンは「スーパーマンII」の5年後の設定で、タイトルも
「リターンズ」で、俳優や旧作を踏襲しているお陰で違和感無く鑑賞出来る。
宿敵レックス・ルーサーを今回はケビン・スペイシーが演じているが、
旧作の残虐度や自分の女に対してや、土地転がしに関してもそのままで、スペイシーならではの
演技で、レックス・ルーサーを好演していて良かった。

スーパーマンを演じている、ブランドン・ラウスは、身長も体格も見合ってるし
顔も、クリストファー・リーブの若かりし頃みたいで良い感じだったなぁ。
コスチュームで、マントに”S”マークが無くなってるのが
ちょっと気になったけど他は問題無し。
ロイス(ケイト・ボスワース)は旧作に比べると美形過ぎるけど、
まぁ綺麗なお姉さんが好きだから許すけどね(笑)
ケイト・ボスワースは、左右の目の色が異なるオッドアイで、
今回はコンタクトレンズで補正せずに撮影してるそうなんだって
DVD出たら確認してみようかなぁ~♪
(ちなみに彼氏はオーランド・ブルームなんだって!!)

ロイスが結婚してしまって、がっくりとしてヒーローの人間らしさが
見られたりと、「スーパーマンII」で人間になろうとした一面を
本作でも見られます。

この作品で文句を言えば、中盤からテンポが悪く長く感じてしまう点かな?
序盤のノリが良かっただけに大変残念でした。(これが無ければ満点!)

旧作を鑑賞してない人でも、話について行けるようになってますので
大丈夫ですけど、旧作の「スーパーマンI・II」を見てからの方が
理解出来て良いと思いますよ。

例えば、なんでスーパーマンはクラーク・ケントでしょ?ってばれないのか?
って事は、2を見れば分るし、宿敵レックス・ルーサーも両作品に出演してるので
なんで刑務所に捕まっていたかも分りますので、より本作を楽しみたい人は
是非鑑賞してみてください。

旧作スーパーマンが好きな方(世代)は、楽しめると思うので、
是非鑑賞して見て下さいね♪

鑑賞日:2006/08/12
【Movie Review Indexへ】
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/606-36d562c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。