映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:樋口真嗣
出演:草なぎ剛/ 柴咲コウ/ 豊川悦司/ 大地真央/ 石坂浩二/ 及川光博/ 福田麻由子/
評価:★★★★
時間:135min(2006)
公式:http://www.nc06.jp/





かなり現代の設定取り入れられてリメイクされた本作を本編で「一気呵成」に
沈んでしまった、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて鑑賞してきました(笑)

旧作より物語や破壊シーンも良く仕上がっていて良かったですよ。
草薙剛&柴咲コウの黄泉がえり的になるのか?ってのは一部的中して
後半はアニメ的?某SFパニック作品展開でアレアレ?な
感じですけど、かなり楽しんで鑑賞してきましたー♪
旧作と本作では、各キャラクターの設定ががかなり変わってます。

小野寺は熱血漢溢れていたけど、本作は潜水以外興味なさそうで、
玲子はお嬢様令嬢だったのに、ハイパーレスキューに!!
かなり違うけど、これは現代の男女を意識して設定してるんでしょうね?

小野寺を演じる草薙剛は、小松左京の熱望で配役が決まったんだけど、
個人的にはやっぱりもう少し男っぽい人が良かったなぁ。

トヨエツが演じる田所博士は、研究馬鹿って感じでアツイ!男だし
かなり好演してると思いました。(真の主人公!?)

草薙剛&柴咲コウより、トヨエツ&大地真央の方が主役っぽい感じがしたよ(笑)

災害シーンについては、
衝撃映像を見せつけた「ディ・アフター・トゥモロー」に比べると、
破壊シーンに迫力が物足りないように感じてしまった。
日本のCGと特撮技術も頑張ってるけど、やっぱりハリウッドのCGにはやはり迫力負けしてしまう。(監督のローレライよりは良くなっていますよ)

各地方が、地震や津波で崩壊して、衛星映像で日本全体で、何処まで
沈んだるという過程を見せる方式は旧作と踏襲しています。
旧作はイマイチでしたが、CGと特撮レベルが上がった本作の方で
当たり前ですが断然良くなっています。
あとD1~D3計画も旧作にも同じようにありましたよ。

有人潜水調査船「わだつみ6500」(実際には「しんかい6500」)と
地球深部探査船「ちきゅう」も本物で海洋研究開発機構(JAMSTEC)と
自衛隊も全面協力してるのでかなりリアルティー度があがってますよ。
(「しんかい6500」と「ちきゅう」詳しくはこちらのHPを見て下さい)

でもね

CGレベルが低くても、北海道の赤レンガのシーンや、GWに旅行した京都や、
この作品を今鑑賞してる六本木ヒルズがあっさり沈むし(苦笑)
(ヒルズ族(金持ち)沈没ってやつだな・・・)
日本の各所が大災害に遭うのは、さすがに胸が痛むし辛いものがある・・・。

阪神大震災の出来事も取り入れ、日本沈没のメカニズムについては、
最新のマントルの研究結果と今学会に上がっている理論を取り入れられていて
最新の沈没理論になってるのが、さすがに素晴らしかった!
で、「バクテリアが急速に沈没を早める」と言う点は今のところ嘘らしいよ

そんで中盤までは、おぉー中々良い作品にあがってるじゃんと思ったら・・・

後半の展開が頂けない、小野寺と玲子のテントシーンあるんだけど
あのシーン要らないってそれまで構築してきたドラマをテンポを
崩してる気がしてなりませんでした。
このシーンが無くても、次のシーンに繋ぎようがあるのになぁ・・
その次のシーンのタイミングで音楽(SunMin thanX Kubotaの曲)を掛けるのは、
泣かせようとしてるのはミエミエだけどね(^^;)

でもまんまとちょいとウルと来そうだったけど(←オイ)
この二人のシーン以外は、震災に遭った人の心情、滅び行く日本を想う人間として
そして人としての心や、滅び去る中でもアメリカに頭が上がらない日本政府等、
よく描いてると思いましたね。

そしてアニメ的なご都合的主義な展開へ
沈没を防ごうとする為の「N2爆薬」ってエヴァンゲリオンじゃん!!
(まぁー、庵野監督は盟友だからなぁ・・w)
某SFパニックムービーな展開アリ!!
あー、こんな展開にしなくても良かったのになぁ~
でも「ローレライ」もアニメ的な展開だったから仕方なしかな?

そんな後半でも、最後の演説は良かったなぁー。
後半の草薙剛はイマイチだったなぁ・・アツイ男ならな・・・。惜しい。

とにかく沢山突っ込みを言いたいけど、これまた結構自分が好きな作品かも!
草薙剛&柴咲コウが苦手じゃなかったら、観ても良いと思いますよ~

本作ではローレライに続いて、福井晴敏、富野由悠季、庵野秀明、
丹波哲郎、サトエリ、ピエールがカメオ出演してますが、
顔が分っていれば良くわかる場所で登場しますので
確認してみてください。
登場場所のヒント(ほぼ答えに近い?)は公式サイトにありますよ!
つうかカメオが出過ぎ!!!(爆)

そう言えば、小説で、映画公開に合わせて?「日本沈没第二部」が発売されました!
物語は「日本列島が海面下に没し、国土を失った日本人たちの25年後の
2006年、世界各地に入植して、国土は持たなくとも日本国は存在しており
中田首相を中心とした政府は自国のアイデンティティを世界に示すため
日本列島が沈んだ地域に人口100万人規模の巨大な人工島を建設する・・・。」

と言う話で、小野寺と玲子も登場します。

でもねー

今回の作品が評判良くても日本沈没第2部は映画化されないだろうなぁ・・・。
原作と旧作と違ってしまってるからなぁ~
その代わり続編では無いけど秋頃に「日本以外全部沈没」が公開されますよ!
日本沈没のパロディーですが、旧作の小野寺を演じた、藤岡弘も登場しますし
なんか楽しそうな雰囲気♪(馬鹿映画かもねw)


この作品を鑑賞して気になるのが、本当に日本は沈没しないの?
って事を考えると思う方もいると思います。
心配な方、興味ある方は、撮影に協力した東京大学地震研究所の
HPにて期間限定公開で「「日本沈没」と地球科学に関するQ&A」
掲載されてますので覗いてみて下さいね♪

もしも来年沈没ってなったら、あまり東京に思い入れが無いから
国外に脱出かな・・・。自然が美しい所で静かに暮らしたいなぁ。
でもまぁ、沈没する前の大地震で助かればの話ですけどね(^^;)

鑑賞日:2006/07/30
【Movie Review Indexへ】
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
まあ、よろしいのでは
そうそう、それそれ。そのテントシーンとか、それ泣け!ほれ泣け!と、泣かそうとしてるのがね。そこで醒めたね。
あの歌。。。きょしょーは怒りますね、きっと(笑)。
だから、うちの記事では、いろいろ茶化しました(笑)。

つまんなくはなかったです。
ただ、ドカーンボカーンをCG無しでのバレバレ特撮で、もっと見たかった。
全体に削ぎ落としすぎ、まとまり過ぎでしたが、楽しめました。DVD買うし(笑)。
2006/07/31(月) 00:54 | URL | YAMACHAN #-[ 編集]
◆YAMACHANへ

あーやっぱり(笑)
テントシーン要らないよねー。
ローレライにはこんな演出は無かったのにねー
なんで入れたのかな?
それにやけに盛り上げすぎヘリのシーン!!

絶対、きょしょーは怒るよなー(笑)
泣かせようとするドラマ入れるくらいなら、
もっとCGや特撮生かした演出増やしてくれれば
良かったのにねー。

旧作は展開が早くて嫌でしたが、本作は泣かせ
目的が入ってしまったりとケチつけるところが
あるけど・・・
俺もDVD買うっす!!(笑)
2006/07/31(月) 23:05 | URL | とし兄 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/597-e89ee3d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。