映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:ロバート・ロドリゲス
出演:アントニオ・バンデラス/シルベスター・スタローン/アレクサ・ヴェガ/ダリル・サバラ/カーラ・グギノ
評価:★★★☆
時間:100min(2002米)




【物語】
前作でカルメン&ジュニの活躍によってOSSエージェントが無事救出され、その後正式に
OSSの一部門として「スパイキッズ」が設立される。カルメン&ジュニも所属していた。
ある日大統領の娘アレクサンドラはテーマパークに遊びに来ていたが、アトラクションに
高い塔に立てこもり、大統領がこないと降りないとこないと要求し、しかも
トップシークレットの装置「トランスムッカー」を手にしていた。そこで大統領の娘を
確保する為に、カルメン&ジュニが救出に向かうが、ライバルのキグルス兄弟も現れ、
手柄を横取りされてしまう・・・

【感想】
前作は子供がスパイになって両親を救いに行く、今回はOSS所属のスパイキッズの
一員としてのミッションをこなしていく物語になっていて、今回の見所?はカルメン&
ジュニのライバルスパイキッズのギグルス兄弟が登場したり、カルメン&ジュニの
おじいちゃん&おばあちゃん迄登場して、前作に引き続き、スパイの家族としてのお話を
よりこく楽しく描いています。

さて映画の感想はというと、前作同様に最後まで楽しめましたけど、少しうーんって
所もありました。前半は最新スパイグッズがいろいろ登場したり、スパイらしいお話ぽく
展開していきます。

話の中盤からモンスター?が住む島に奪われた、「トランスムッカー」という装置を
とり戻しに向かうのですが、この島では、電気系統で動く物は全て機能しない謎の島で、
スパイ映画からモンスター映画に様変わりしてしまい、ちょっとどんなスパイ物に
なるのかを楽しみにしていた自分としては、この変が少し残念かなぁ~?
(詰まらない訳では無いです)といってもカルメン&ジュニとギグルス兄弟の
ライバル争いや、謎の島にロメロ博士役として登場するスティーブ・ブシェミの怪演等
いろいろ楽しめる所がいろいろあります。

前作でもいろいろスパイグッズが出てきましたが、今作も前作を超える最新の
スパイグッズが登場して観客を楽しませてくれますが、その中でもスパイグッズのラルフが
アイボじゃないけど、動きがコミカルでいろいろ楽しませて笑わせてくれます。
さて、このモンスターっていうのは、見たことがない人がいるかも知れませんが、
ハリーハウゼン作品の「アルゴ探検隊の大冒険」(63)等のモンスター映画と同じような
昔的な動きをするんですが、どうやらロドリゲス監督が今作をハリーハウゼンに
オマージュを捧げた物として制作した意図もあるようです。と言うのを
パンフ読んで初めてしりました(笑)

そしてカルメン&ジュニのライバルのギグルス兄妹の妹役としてハーレイ・ジョエル・
オズメント君の妹のエミリー・オズメントが出演してるんですが、顔がうり二つって感じで
ハレー君が女装したの!?って感じな顔つきしています(笑)
あと前作はスタッフロールのみですんなり、終わってしまいましたが、
今作ではカルメン&ジュニのその後のミッションやNG集等最後まで楽しませてくれます♪

モンスターはあまり好きじゃないって人にはそんなにお勧めは出来ませんが前作同様に
スパイコメディー映画としても楽しめるし、アナログちっくなモンスター映像も
いけてる作品だと思いますので、興味がある方は一度ご覧になってみてください♪

鑑賞日:2002/09
【Movie Review Indexへ】
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/590-575270e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。