映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:イアン・ソフトリー
出演:ケビン・スペイシー/ジェフ・ブリッジス/メアリー・マーコック/
評価:★★★★
時間:121min(2002米)




【物語】
初夏のニューヨーク。駅が不思議な光に包まれた日、雑踏のなかに黒いサングラスを
かけた男が現れた(ケビン)。自分をK-パックス星人だと主張する彼は、
病院の精神科へ送られ、そこで医者と運命の出会いを果たす。妄想とは思えない的確さで
宇宙の謎を語り、周囲に不思議な影響力を与えて行く男と、そんな彼の真実を
見極めようとする医者。ふたりの間には、いつしか立場を超えた絆が芽生えていくが、
男の正体は謎のままだ。果たして彼は本当に異星人なのだろうか・・・
【感想】
ケビン・スペイシーの扮するK-PAX星人が本当にこの人宇宙人なのか、
それとも人間なのかの分らなく後半になるまでどっちなの?って
ずっと考えさせられてました所が結構楽しめた作品。

ケビンが収容されていた精神病院の患者・医者と触れ合ったりしていくうちに、
人と人の絆を改めなおしたり癒されたりしていって、物語の終盤には見てる自分も
なんか人と人の絆は大切だし、今という時間は今しかなく問題を抱えていれば、
この時間に解決して、よりより人生(時間)を過ごしていきたいという
気持ちにさせられて良い感じでした。

余談・・・最後までちゃんと見ましょう~。

鑑賞日:2002/04
【Movie Review Indexへ】
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/580-e4c64402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。