映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:森田宏幸
出演:池脇千鶴/袴田吉彦/渡辺 哲/丹波哲郎
評価:★★★
時間:75min(2002米)




【物語】
女子高生ハルは親友のヒロミと下校の途中にトラックに轢かれそうになネコを発見。
間一髪で助ける。ところが、そのネコは、人間のようにしゃべって礼を述べ、
ハルの前から去って行ったのだった。
しかし、これはそれから起きる事件のほんの序章でしかなかった・・・
【感想】
本作は「耳をすませば」の姉妹的作品です。
原作者は「耳を~」に引き続き、柊あおいさんです。
(彼女の作品:星の瞳のシルエットは名作です)さて、自分はジブリで宮崎駿作品しか
鑑賞したことない(^^;)のですが、最初この作品の予告見た時、まず思ったことは、
画風がなじめなかった事です。

耳を~は宮崎監督が作画監修していた事もあって、馴染み深かったんですが、
がらっと雰囲気が変わったせいなのかも知れませんが・・・

作品の出来なんですが、普通のテレビアニメみたいな感じとれてしまうクオリティー。
(他のジブリ作品に比べてリアルに書込まれていない)
物語もなんかも他のジブリ作品、コンセプトがあるけど稀薄?で短期間で
作りました感あるような気がしました。その為か劇場映画を見た気分にはなれなかった。

しかし!良い点もあります。「もののけ」「千と千尋」と、ここ最近のジブリ作品と違い、
物語が単純明快な為か結構楽しめまるんですよ。
(「もののけ」「千と千尋」は結構悩みながら観ていました(^^;))
あとは上映時間も、1時間ちょいでちゃんとまとまっていていい感じ、
物足りないとは思いませんでした。(劇場でにやにや笑えましたよ。)

イメージ的には若い世代の方は観たこと無いので分らないと思いますが、
昔の作品で東映「長靴をはいた猫 80日間世界一周」を子供の頃に観たのですが、
短くて単純明快で楽しんだ記憶があってそれと同じ感覚が味わえた気がしましたよ。

登場キャラクターについては、濱田マリの演じる、家来の声・役柄はマッチしていて、
このキャラはかなり楽しめましたね♪それとバロンの声は前作と変わってしまっています

総評としては、ジブリ=宮崎アニメという固定概念があると、
ケチをつけたい所が一杯出てきてしまいます。としぼうもその一人だと思います。
なので過去のジブリ作品を意識しないで、ひとつのアニメ映画として
十分楽しめると思いますよ。今回は★×3なんですが、
子供さんとかは★×4なのではないかと思っていますよ。あとは猫が好きなかたは、
見て楽しめると思います♪

鑑賞日:2002/07
【Movie Review Indexへ】
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/578-7870c351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。