映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:クリストフ・ガンズ
出演:サミュエル・ル・ビアン/マーク・ダカスコス/ヴァンサン・カッセル/モニカ・ベルッチ
評価:★★★☆
時間:138min(2001仏)





【物語】
18世紀フランスのジェヴォーダン地方で100人を超える女、
子供が次々と野獣に襲われていた。そこでフランス国王ルイ15世は
優秀な科学者、フロンサック(サミュエル)と従者マニ(マーク)を
調査の為に派遣をする。フロンサックは調査を進めた結果、
野獣がいることがわかった。しかしその正体を操っているものいるのか?
と謎を解明していくのであった・・・・

冒頭から獣に襲われるシーンの後に、マニと悪者のアクションシーンが
あるのですが、マトリックス等みたいにすごいアクションを見せつけてくれます

その後獣刈りとかしても一行に獣を捕らえられないのと同時に、人間の仕業では?
と話は盛り上がっていくのですが、中盤の説明や展開がスローな為か
少し間延びしてしまってる感じを受けました。

中盤から後半に掛けて、獣とは一体なにかと核心に迫っていって
獣捕獲辺りから、前半からの中世フランスぽい話から、
一転して、映画「ブレイブハート」みたいな感じでアクションシーンが
盛りだくさん映画になってしまいます。

中盤が間延び感はありましたが、時代背景の描写や、
サスペンス要素あり、アクションありで見応えたっぷりです。

鑑賞日:2002/02
【Movie Review Indexへ】

スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/570-1d504084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 ドラキュラ紀元的作品第二段。ヴィドックに続いてお次はこちら、『ジェヴォーダンの獣』。紀元、というより『吸血鬼ジュヌヴィエーヴ』第三部ユニコーンの角に近い内容だが、一つ...
2007/11/17(土) 14:09:44 | 黄昏ミニヨン想録堂
様々な素材が盛り沢山のフランス時代劇。          史実のジェヴォーダン事件(余談1)を取り上げた作品。ヴァンサン=カッセル氏が...
2008/01/04(金) 18:58:44 | 晴雨堂の耕晴雨読な映画処方箋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。