映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:ピトフ
出演:ジェラール・ドパルデュー/ギヨーム・カネ/イネス・サストレ/ムサ・マースクリ
評価:★★★★
時間:119min(2001仏)





【物語】
19世紀パリ、民衆から愛された探偵ヴィドック(ジェラール)の
死のニュースが伝えられた。彼の命を奪ったのは、連続殺人鬼”の
鏡の顔を持つ男”であった。そこで事件の真相を探る作家エチエンヌと
ヴィドックの相棒ニミエは彼がとてつもない事件をおっていた事を
知ることになるが、捜査が進むにつれ次々と事件の目撃者や関係者が
殺されていってしまう。そして間の手は二人にも・・

【感想】
この作品オープニングに主人公のヴィドックが殺される事によって
観客を引き込みます。
(この最初に主人公が死ぬという点がとても気になって見に行って見ました)

犯人のガラスの仮面は一体誰なのかという、謎と連続殺人の動機等の
盛り込んだサスペンス映画で普通の映画とは違った映像感覚が
変わっていて言いと思いました。

撮影の視点が通常と違っていたり絵画みたいな感じな映像に
しあがっています。これはスターウォーズEP2と同じデジタルカメラを
利用して撮影しているんですよ。

話の最後も良く出来ていてかなり、良い感じです。
もう一度観たい作品です

鑑賞日:2002/01
【Movie Review Indexへ】
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/569-93645982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。