映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:廣木隆一
出演:寺島しのぶ/ 豊川悦司/ 松岡俊介/ 田口トモロヲ/ 妻夫木聡/他
評価:★★★★☆
時間:125min(2005)
公式:http://www.yawarakai-seikatsu.com/




昨年の東京フィルメックスで鑑賞した唯一の作品で、6/10にやっと上映って事で、半年以上前の鑑賞したこの作品を忘れやすい脳みそフル回転で思い出して記事を書いてみました(笑)
さて、この作品は「ヴァイブレータ」の廣木隆一&寺島しのぶが再び組んだ作品です。(観てないけどね・・汗)
物語は、寺島しのぶが演じる優子ががキャリア・ウーマンでバリバリ働いて結婚してと上手くいっていたのに、次々と不幸の連続で人生の底に落ちて、鬱病に・・そして蒲田に引っ越しする所から物語は始まって、蒲田の魅力に惹かれてHPを立ち上げて・・・。そこから色々と人に出会っていくドラマになっていて、人生の転落と言えば、先日鑑賞した「嫌われ松子の一生」とはちょっと違いますが、底から上がって行こうとする話です。

作品の感想は、女性向きな作品だとは思うんだけど、男性でも楽しめるし、何より蒲田ってこんなに綺麗な街だったのか!って思ってしまう綺麗な透明感のある映像がとても気に入った作品です。

実際蒲田には、何度訪れた事がありますが、夜の蒲田位しかないのでこの作品を見て色々と昼間や夕方の蒲田を一度ぐるって見て歩きたいなぁーと思いました♪その位に綺麗なんです。

鬱病な自分を受け入れて自然体な感じの寺島しのぶの演技や、トヨエツの奥さんおいて家出する従兄弟や「大停電の夜」「カミュなんて知らない」と引き続き田口トモロヲの演じる痴漢(笑)演技は個性的でつい演技みていて惹かれてまう。妻夫木聡の弱気なチンピラっていう役も本当作品見ていて楽しめた。でもこの作品の登場人物は何かしら悩みを抱えていて、その仲間が集まって良い方向に進もうとする感じが心地よかった。

そしてタイトルにあるように「やわらかい」感じの音楽が作品の全編に流れて結構好きな作品です。

ミニシアター系なので、東京では3館しか上映されませんが、蒲田のお隣の、大森にある「キネカ大森」で上映されるので、蒲田の皆さん、透明感のある蒲田をこの作品で一度観てみてはどうでしょうか?また蒲田が好きになると思います。

ちなみに東京フィルメックスのイベントレポート書いてないし写真も撮ってないんですよ(^^;)まだちょっとマイナーの映画祭ですが、ミニシアター系の作品を上映してるので、興味があったら1度参加してみてはいかがでしょうか?

鑑賞日:2005/11/23(東京フィルメックス)
【Movie Review Indexへ】
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
これまた私の好きな役者が3人も。
う~ん・・・・・・観たい。
2006/06/09(金) 19:40 | URL | Chizu #-[ 編集]
◆chizu姐
姐が好きな役者って、寺島しのぶ、豊川悦司、 田口トモロヲかな?

この作品の出演者みんなどこかダメな人達だけど、それぞれが個性的に演技してるし(寺島&豊川のカラオケシーンとか)、ちと鬱病を扱ってる作品なので、重苦しい所もありますけど、見応えはあると思うので是非観て~

首都圏で3館しか上映してないのが、痛い
2006/06/10(土) 16:51 | URL | とし兄 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/533-c44b87c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。