映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:ジョン・ゲイティンズ
出演:カート・ラッセル/ ダコタ・ファニング/ クリス・クリストファーソン/ エリザベス・シュー 他
評価:★★★
時間:103min(2005米)
公式:http://yumekakeru-uma.com/






予告見る限りでは、競馬関連の作品で有名な「シービスケット」がありますが、それの女の子バージョンって予想しつつ、ダコタ・ファニングの新作って事で、鑑賞してきました♪
予告見る限りでは、競馬関連の作品で有名な「シービスケット」がありますが、それの女の子バージョンって予想しつつ、ダコタ・ファニングの新作って事で、鑑賞してきました♪

さて率直な感想は、至って普通、感動ドラマと宣伝してるが感動はしなかった。でも出来が悪いわけでは無い。

この作品実話の映画化とうたっていますが、実話をベースに脚本を作っているので、実際の話とは結末が違うし、馬名も違う。勿論エンディングも違うんです。この作品は親子そして家族の絆を取り戻すストーリーになっています。

物語は本当に先が軽々読めてしまう為、楽しみにかけるんですが、ハリウッドの王道路線的な話な為に、思いっきり詰まらない訳ではなく、子供+動物、そして家族の絆で感動を呼ぼうとしてますが、どうも正統派しすぎて感動しない。父と祖父の争いも、作品を最後まで見れば分かりますが、「それで、何でそんなに争っていたの?」って感じで物語に厚みが無いので、家族関連部分では、感動はしなかったんです。子供+動物では、分かり切った演出で少しウルと来るかも的な箇所はありました。

馬+女の子って言うと、「レーシング・ストライプス」がシマウマですが、話的には同様ですが、物語面だと、本作の方が良くできてはいます。

優等生過ぎと書かれたりする、ダコタちゃんですが、本作でも演技の上手いで、天才子役と言われるだけありですが、本作では鼻につくような優等生な感じは落ちていて自分的にはかなり好印象でした♪

競馬作品と言うことで、レースシーンですが、あまり迫力がある物では、ありませんでした。競馬の作品としては、ちょっと痛いですね。「シービスケット」「レーシング・ストライプス」の方が盛り上がれたし感動しました。

お勧めは、ディズニー的・ハリウッドの王道路線ですので、親子で行くのが一番のお勧めですねー。あとは、ダコタ・ファニング等出演者目当てなら鑑賞しても良いかも知れません。ちなみに「ダ・ヴィンチ」よりは楽しめました(笑)

鑑賞日:2006/06/02
【Movie Review Indexへ】
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
見れば見るほど。
安達ちゃんだね(・∀・)ノ
似ていると演技そのものも安達ちゃんに見えてしょうがないんだけど
としぼうはどうだった?
2006/06/05(月) 23:55 | URL | 春香 #-[ 編集]
◆春香へ
おっ!言われてみれば安達祐実かも!

今まであまり気にしてなかったのは、実は安達祐実が子供の頃に出演してるドラマ一度も見たこと無いんだよー

ガハハハハハ!!

学生の頃もTVドラマを見てなかったりします(汗
なので、比較出来ません。
2006/06/06(火) 01:17 | URL | とし兄 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/528-4e16e847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。