映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:リュック・ベッソン
出演:リー・ラスムッセン/ ジャメル・ドゥブーズ/ ジルベール・メルキ/
評価:★★★
時間:90min(2006仏)
公式:http://angel-a.jp/


ベッソンが監督として久々の新作作品って事で、公開初日に鑑賞してきた・・・。

感想はちとイマイチな気配。
うーん。何だろうなぁ。これ。
モノクロテイストは良いとして。
お姉さんは綺麗で、主人公は・・・

「逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!」
「うぉーん!!!」
「覚醒モード突入??」(違!

って感じの人生逃げまくりと言うか、嘘で嘘上乗せしていったダメなオッサン。

彼女の正体は劇中で分かるんですけどね。うーん。
正体不明で終わらせても良かったと思うし。だって正体がね。
作品自体90分と短いので、もう少し作品を作り込めば良いのになぁー。

あとね。
彼の人生もどうなるんだろうね。
って感じ。


ベッソン監督もどうなるんだろうね・・・。制作だけでも良いのでは?
作品レベルがドンドン下降してるのは気のせいですかね~(笑)
ジャン・レノもドンドンと下降してきてるような・・・

まぁ一応感想としてあげておきましたよ(笑)
レンタルで十分ですよ。

評価は監督が好きだったので評価になっています。

鑑賞日:2006/05/13
【Movie Review Indexへ】
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
話が単純過ぎるんですよね。なんのヒネリも感じられない。
実はこの映画のTVCMを作ったんです。
最初、ノースーパーで見たんですが、それでも話が分かってしまうほど、当たり前すぎるお話でした。
羽が生えた瞬間のアンジェラの目のアップで
「もしかして、ここから映画の風向きが変わるのか!?」
と思いましたが、そのまま終わってしまいましたね。
フランスでもかなりのブーイングだったようです。
ベッソン、もうかつての輝きを取り戻す事は出来ないんでしょうか。
2006/05/31(水) 00:48 | URL | ペッタンコ #-[ 編集]
◆ペッタンコさん
おー!こちらも制作されたんですか?
折角謎めいていたのに、なんか捻りが無いというか、昔のベッソンらしくないんですよね。
そうそう、羽で話しが変わって盛り上がると思ったんですけど・・・。
あっさり終わって拍子抜けしちゃいましたよ(笑)
うーん。自分的には「フィフス・エレメント」辺りまでは好きなんですけどね・・・。
とりあえず、宣伝文句に、「レオン」「ニキータ」は入れない方が良いと思いますね
(雑誌名にもなったことだしw)

この週末からベッソン制作の「トランスポーター2」を鑑賞してきます。予告見る限りでは、楽しめそうな気配です(笑)
2006/06/01(木) 07:00 | URL | とし兄 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/526-4a86199f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。