映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:キース・フルトン
出演:テリー・ギリアム/ジョニー・デップ/ジャン・ロシュフォール/ヴァネッサ・パラディ
評価:★★★★☆
時間:97min(2004)
公式:http://www.cqn.co.jp/LAMANCHA/

【物語】
『12モンキーズ』等で知られるギリアム監督は新作『ドン・キホーテを殺した男』の製作に着手した。製作費50億円、出演はジョニー・デップにヴァネッサ・パラディなど豪華極まるしかしクランク・イン6日目にして、本作は撮影中止に追い込まれてしまう・・・・。

【感想】
これまた、いつも見てる深夜番組の某監督さんが映画を紹介するコーナーで絶賛していた作品。この作品は、ギリアム監督が長い間企画していたドン・キホーテの映画化のメイキング作品なんですが、ただのメイキングではなく、何故この作品が撮影中止になってしまったのか!っていうドキュメンタリーなんです!

メイキングと言っても、よくDVDに映像特典でついてるメイキングとは大違いで、撮影の準備段階からじっくりと撮影されていて、映画の撮影の大変さを教えてくれる作品です。

撮影前から、俳優となかなか顔合わせ出来ない、スタジオが使い物にならない・・・。撮影を開始が始まったら、こんな事が起こるものなのか!!って位に最悪の出来事が目白押し・・・。ちょっとこの作品見ていて、ギリアム監督が可哀想にみえました・・・。

撮影失敗作品のドキュメンタリーで、撮影の大変さを知ることが作品なので、撮影の大変さを知りたい方は是非鑑賞してみてください!!この「ロスト・イン・ラマンチャ」が沢山の人に見て貰って、映画の制作費を蓄えて是非とも『ドン・キホーテを殺した男』の制作再開を首を長くしてまっています~♪

追記:2006/1/15
ぶっちゃけ、ブラザーグリムの数倍こっちの方が面白い(爆)

鑑賞日:2004/03/
【Movie Review Indexへ】

スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
可愛そう というより
自業自得と言った方が…

演習空域を知ってて撮ったり、主役にこだわりすぎたり…
いや ま それがあの人のいいとこなのかもですが、少しは考えろよ!と。

雨が洪水になったの観た時は笑ったけど。

映画作ってると、多かれ少なかれこういう出来事は起きますよ。
2006/01/15(日) 07:57 | URL | きょしょー #-[ 編集]
◆巨匠へ
まぁ・・・こだわりをもった結果なんでしょう~。俺も変なところこだわるしなぁ~(^^;)

てことは、ブラザーグリムは彼のこだわりはあまり無かったんでしょうね(爆)

そーそー、雨が洪水ってのは、一瞬これはやらせの為に狙った作品かと思ってしまう位で・・・(笑)

「カミュなんて知らない」って作品も映画作りの話をメインの物語だけど、映画作りって何かと大変だよね・・・。

そんな訳で、巨匠も次回作がんばって~♪
2006/01/15(日) 18:09 | URL | とし兄 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/384-52694697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。