映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:テリー・ギリアム
出演:マット・デイモン/ ヒース・レジャー/ レナ・ヘディー /モニカ・ベルッチ
評価:★★★
時間:117min(2005米)





ファンタジー作品は大体チェックいれて鑑賞していて、今回はあのグリム童話が鬼才と言われるテリーギリアム監督にどんな風に作品化されたかと思って鑑賞しました。前作は「12モンキーズ」です。
(12モンキーズは、タイムスリップ系で好きな作品)

感想はって言うと至って普通のファンタジーアクション作品でした。
この作品を観て、まずこれだ!!!って言う見所ポイントが無いんですよ・・

グリム兄弟は、マット・デイモンとヒース・レジャーといい男が熱演!
モニカ・ベルッチ美しいけど、自分的には、レナ・ヘディーが格好良くて好きかも!彼女の役柄的には、「ヴァンヘルシング」のケイト・ベッキンセールに似てる感じがしましたね♪

本作は折角、グリム童話を題材にしてるのに、「赤ずきんちゃん」「ヘンデルとグレーテル」はあっけなく出番無し・・・。良い素材があるのに勿体ない使い方してしまってる。あまり自分がグリム童話を知らないために、上記の2作品以外はどの話か気がつかなかったけど、塔のお話とかその他盛り込まれてるみたいです。

帰宅後に劇場で配られたチラシを見ると「ラップソツェル」「カエルの王子さま」「眠れる森の美女」「白雪姫」の話も盛り込まれている事が判明!!

どの作品が盛り込まれてるって教えられるとあー!!そっか!と思い出しますけど、みんなグリム童話だったのに今更気づきました(^^;)
もしかすると原作知り尽くしていると凄く楽しい映画なのかも知れない。まぁー知っていても・・・対しては・・・。

取りあえずボスとなる戦いでの後半の戦闘のあの映像は見応えありです!!あのシーンがあっさりしていたらさらに物足りない感が増えたかもね~(笑)そしてその最後の方は突っ込み所満載で、結構納得行かないところもあったけど、でもまー、ファンタジー作品って事で良しとしたいですね。

ちなみに自分の中の最強のファンタジーは、「ネバーエンディング・ストーリー」ちなみに”1”だけどね!
2、3は要らん!!あ・・話それちゃいましたね(^^;)

本作は次回作も作れそうな感じで作ってるけど、作らないと思うなぁ~。だって昨年公開された、「ロード・オブ・ザ・リング」と比べるとファンタジーアクションとしては物足りない感がとても一杯・・・。でもねー普通には楽しめるファンタジーだと思うので、興味がある方は是非鑑賞してみてくださいね♪ファンタジー好きだと辛いかもね・・・(^^;)

書き忘れたけど、結構この作品に”虫”が出てきます。虫嫌いの人は少し嫌なシーンがありますのでご注意を!

【公式HP】
鑑賞日:2005/10/23(六本木ヴァージンシネマ)
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
へぇー
☆三つだったんだぁ…
観るのやめよかな…(・∀・)
2005/10/25(火) 12:48 | URL | 春香 #-[ 編集]
◆春香
うーんと作品自体駄作って事では無いよ~
数あるファンタジー作品から見ると、
ありふれた内容の部分があるから、
★×3って感じかなー。4はつけれませんね~。
レディースディーで見るくらいが丁度良いかも知れませんよ~
2005/10/26(水) 00:52 | URL | とし兄 #-[ 編集]
こんちゃ、さっきこの映画見て帰ってきたところです
GINGAは★×2ですね。。。(T_T)
予告編が良かったから楽しみにしてたんだけど、セットはすごかったけどそれだけ?て感じ。
話も、グリム童話が盛り込まれてるって言うけどそうかぁ~て感じ。
「ラプンツェル」も「赤ずきん」も「眠り姫」も「かえるの王様」も「シンデレラ」も「ヘンゼルとグレーテル」も全部知ってるけど名前並べただけの感じだったね。
来月は「キングコング」楽しもう☆彡(楽しめるかな?)
2005/11/04(金) 15:07 | URL | GINGA #mQop/nM.[ 編集]
◆GINGA
おぉ~見てきましたか!
確かに予告だけ見ると、凄そうって見えるけどね~。作品的にはありふれてるし
折角、グリム童話と言う素材があるのにまるでいかし切れていないのが残念だった。
もしも続編作る気があるなら、この辺りを考慮して欲しいなぁv-389

「キングコング」の出来は、「ロード・オブ・ザ・リング3部作」でビジュアル面は大丈夫そうだからあとはストーリーかな?
俺も鑑賞しにいくよー!
2005/11/05(土) 12:47 | URL | とし兄 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/358-ce90d88e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 映画界の異端児・テリー・ギリアムひっさびさの新作。 『未来世紀ブラジル』や『12モンキーズ』のおよそメジャーとは程遠い,しかし一部でカルト的人気を誇る作家に,冒険活劇娯楽作を求めちゃいかんのではないか。第一,ギリアムなら,グリム童話よりシャルル・ペロ
2005/11/08(火) 00:52:12 | 日々徒然ゆ~だけ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。