映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:樋口真嗣 
出演:役所広司/ 妻夫木聡/ 堤真一/ 柳葉敏郎/ 香椎由宇 他
評価:★★★☆
時間:128min(2005)





基本的に戦争映画はあんまり鑑賞しないですが、特殊な潜水艦がメインって事で、SF&メカ好きなので鑑賞してきちゃいましたよ~

この作品は、小説「終戦のローレライ」をベースに作成された、全く別のオリジナルストーリーだそうです。小説を読んでいない自分としては気にせず事前情報無しに鑑賞してみた訳ですが感想って言うと・・。まぁ普通だね、大々的に宣伝してるが映画ぽい感じはしなかったな。

2年前位の作品「リターナー」も、日本ながらCGが良くできてるなぁと思ったけど、本作も同様にCGの戦艦や潜水艦はなかなか良くできていて、実写との合成も良く出来ていて金をかけてるだけはあるのかな?でね。

この艦隊戦の絵コンテは、「エヴァンゲリオン」の庵野監督が協力されていたみたいですよ。

人間ドラマの観点で見ると艦内トラブル等、いろいろ起きるが・・。はて?どうして?そう考える訳?戦争物には死者はつき物ですが・・・・。こんなんで良いのかな?もっと脚本練りましょうよ~。死因がね・・・。うーん。

そもそも第二次世界大戦末期の潜水艦が、どうやって原爆投下する阻止できるのか?って思ったけど、これはいわゆるSF作品ですからね~。
突っ込みたくなる箇所があるけどまぁいっかって感じですね
パンフをちと読むと分かるけど、アニメ「機動戦士ガンダム」テイストで実際に鑑賞すると、たしかにそんな感じ、実写だけどアニメ系の感覚がしました。

そんなこともあって、戦争系作品だから泣けてくるとか感動したとかは
一切感じられなかったですね。(泣けた人います?)

なんか愚痴ぽく書いてるけど、見所は無いわけではないよ。この作品の見所は、太平洋艦隊との戦いや、ローレライシステムを積み込んだ、イ507だと思うんだけど、やっぱし、パウラを演じている香椎由宇さんですかね!(^_^;)


彼女の衣装が、超良いです!システム起動時の衣装も良いけど、
マント?姿がとても良かったです(*^_^*)
みんなも彼女に注目しちゃうんじゃない?
だってさ~劇場の売店で、彼女の写真集を販売してる位ですからね~


話がちとそれたけど、帰り際に「ローレライ」を鑑賞していた人達が感想を話してるのが耳に入ったんだけど、「これ戦争映画ってよりおとぎ話で、詰まらなかったよ」って言っていました。そうなんですよね!
まっとうな?戦争映画では無いんですよ!これ。なのでね、戦争映画として見ないで、エンターテイメント作品として鑑賞してみてください。
ちなみに評価としては3つなんだけど、あとの0.5はパウラにって事で3.5になっています(笑)

本当に潜水艦の作品えお鑑賞したいって人には、「Uボート」「レッドオクトーバーを追え」とか洋画の作品を鑑賞したほうがいいかも知れませんよ~

余談ですが、大昔鑑賞した「海底軍艦」の轟天号が好きだったけど、このイ507も結構好きですね!(本音はパウラかぁ)でも、比較すると轟天号を超える程ではなかったなぁ~。ちなみに、パンフ内に「イ507」の設定資料が書かれていたので、パンフレットを購入してしまいましたよ(^_^;)(700円もしたけどね・・・・)
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
これまた、厳しい意見が多いですねー。
観たいんだけど、ちょっと今は、いけそうもないんで~、パスかなあーと。
2005/03/06(日) 03:21 | URL | YAMACHAN #79D/WHSg[ 編集]
たしかにあまり評判良くないみたいだよね~。
自分が見たいって思ったら低評価でも鑑賞した方がいいよ~♪
オイラ一応☆を3つ付けてますしね(笑)
2005/03/06(日) 05:35 | URL | としぼう #79D/WHSg[ 編集]
私は撃沈して参りました。
ただし、パウラーです。(笑)
マント姿にクラクラ…
この娘で「あずみ」作れ!と。(笑)
2005/03/06(日) 22:20 | URL | 黒犬獣 #79D/WHSg[ 編集]
おぉ~ 黒犬獣さんも
パウラ~っすか♪同士だぁ~
マント姿いいですよね!(*^_^*)
あずみ・・・たしかに上戸彩より似合ってるかも~!
あずみと言えば、昨夜TVでTBSで特番があったのですが
安住アナとあずみにかけて、ちょこっとセリフ付きで
出演してるみたいです・・・。
2005/03/06(日) 23:14 | URL | としぼう #79D/WHSg[ 編集]
今日、アタシも見てきました……。
撃沈………。
なんか全体的に設定が甘いというか、説得力に欠けますね。
どうも無理がある………う~ん。
だめ、うまく言えない(笑)。
アタシも記事書こうかなと思います。
2005/03/10(木) 02:46 | URL | ザブリ #79D/WHSg[ 編集]
姫も撃沈ですか…
昨日って言うとレディースディでのご鑑賞ですね!
1000円で鑑賞して正解だよ!
やっぱ脚本の練りが足らないんでしょ…。
多分パウラ出て無かったらつまらん!って評価してたなぁ~(笑)
これで興業収入40億突破だしなぁ^_^;
おっ!姫の映画記事&絵を楽しみに待ってるよ~
2005/03/10(木) 08:31 | URL | としぼう(from携帯) #79D/WHSg[ 編集]
パウラ情報、ありがとうございます。
早速明日、買いに行きます!
わぁ~い!パウラの写真だぁ~
わくわくどきどき←激馬鹿(笑)
2005/03/10(木) 20:58 | URL | 黒犬獣 #79D/WHSg[ 編集]
おぉ~!買っちゃいますかぁ(笑)
さすがパウラーですね♪
パウラーのみんなも買いましょう(^^)/
2005/03/11(金) 00:15 | URL | としぼう #79D/WHSg[ 編集]
出たよ、また「ラー」な奴らが…。
しようがないお兄さん達。
2005/03/11(金) 17:24 | URL | ザブリ #79D/WHSg[ 編集]
こんばんわ。
「ラー」な奴ら、黒犬獣です。
本当に本日買ってまいりました。(笑)
教えていただき、感謝!です。
しかしこの本でさえ、たったの2ページ…
悲しいですね…
2005/03/11(金) 23:30 | URL | 黒犬獣 #79D/WHSg[ 編集]
>姫
なんか変なツボに填っちゃった(笑)
すっかりラーな奴です(^^;)
>黒犬獣さん
おー!!師匠~!
買ってしまいましたかぁ~(笑)
パンフよりかは載ってるんですが・・・
もっとページを割いてくれ~って叫びたい今日この頃・・・。
あとは・・・・6ヶ月後に発売されるであろう・・・
DVD版「ローレライ」のメイキングに期待だなぁ~(笑)
2005/03/12(土) 23:15 | URL | としぼう #79D/WHSg[ 編集]
おたく向けだけど、魂こもってて、いい!
ガンダムってより、宇宙戦艦ヤマト、ノーチラス号(ナディアの)とかな感じだったかな。
”魔女”に魅了された海兵隊員君もいい味出てました。
2005/03/29(火) 21:37 | URL | 難民一号 #79D/WHSg[ 編集]
◆難民一号さん
はじめまして!コメントありがとうございます♪
突っ込みどころ一杯ですが、パウラ&イ507等好きで、良い作品だと思いますよ~
難民さんは、ヤマトぽく感じたんですね♪
一応昔にTV版・劇場版のヤマトを鑑賞したはず何ですが、すっかり忘れてしまい、この作品を見てガンダム系のイメージの方を強く感じました。
ナディアは、たまにTV再放送でちらっと見かけた事がありますが内容をよく知らないんですよね(^^;)まぁ絵コンテに庵野監督が入ってるから多少影響が有るのかも知れませんよね~♪
海兵隊員君、この人本作品のキーマンですよね♪
また遊びに入らしてくださいね(^o^)
2005/03/30(水) 06:05 | URL | としぼう #79D/WHSg[ 編集]
初めまして、としぼうさん!
ローレライ、私も観ました。
ちょっとSFチックでCGがチープかな?と思った部分もあるんですが、男同士のドラマはなかなかに熱かったです。
戦争や潜水艦の映画に肥えた方だと、この映画のレビュー評価は大分下げられていますが、私としてはなかなか楽しめました。
私のブログにもローレライのレビューをしていたので、トラックバックさせて頂きました。
宜しくお願いします(^^)
2005/04/10(日) 22:46 | URL | 一二三 #79D/WHSg[ 編集]
一二三さん、TB&コメントありがとうございます!
そうですね、CG部分的にはチープっぽさはありましたが、この作品は、戦争映画と捉えない方がいいのかなって思いましたよ。
戦争ファンタジーって感じかな?
自分としては、映画としての評価は低いのですが、イ507、パウラ等のキャラが良くできた作品だなぁって思いました。
こちらこそよろしくお願いします
2005/04/13(水) 22:54 | URL | としぼう #79D/WHSg[ 編集]
日本の守護女神ローレライ
パウラ・アツコ・エブナー、
 漆黒の水密服を装着した君は
 鋼鉄の魔女にして、
 純白の煙管服に身を包み
 伊507のタラップを昇る君は
 救国の聖少女、
 聖上と日本と僕たちの未来を守り抜き
 征人の腕に抱かれる君は
 日本の守護女神ローレライ。

とし兄様 再会者です。

一番肝心のローレライのレビュー記事にご挨拶が遅れてもうしわけありません。

とし兄様のブログに何度かトラバックを試みたのですがことごとく失敗しましているので、コメントにてトラバック代用させていただきます。
2006/12/11(月) 21:38 | URL | 再会者 #J/.XHYcA[ 編集]
トラバックできました。
としあに様、再会者です。

遅ればせながら、ようやくトラバックができました。

ローレライのTV放送のラスト良かったですね。
パウラと征人は、新生日本を象徴するベストカップルですね。
2007/04/01(日) 21:36 | URL | 再会者 #J/.XHYcA[ 編集]
■再会者さんへ
トラックバックどうもです。

TVのエンディングも良いかと思いましたが、上川さんのシーン全面カットはどうかと思いましたよ(^_^;)
2007/04/22(日) 04:14 | URL | としあに #-[ 編集]
 私としては、エピローグはTVの方が好きですが、上川さんのナレーションは残して欲しかったですね。

 香椎さんは海外留学されて、しばらくお目にかかれなくてさびしいですね。
2007/04/23(月) 21:21 | URL | 再会者 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/268-2c6fd00f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 潜水艦内での男達のドラマッつったら数多ある潜水艦映画の数々を想像するが,まぁまぁ大方,その予想通りの内容。 原作者の世代がモロ被りなだけに,そのインスパイア元バレバレで恥ずかしくなっちゃってねぇ(苦笑)『リターナー』観た時のこそばゆさ以上である。一二三
2005/03/06(日) 02:24:40 | 日々徒然ゆ~だけ
見てまいりました「ローレライ」。もう、いろんなブログで散々書かれてるので、特別書くこともないのですが(笑。とりあえず感じたのは、「戦争映画も世代交代したな~。」ちゅうことですわ。一二三さん、TB&コメントありがとうございます!そうですね、CG部分的にはチー
2005/03/30(水) 00:15:55 | ちょこっとジャムって日記
KAZZのこの映画の評価いやぁ??驚きました日本の映画で潜水艦映画が作られるとは。。。出だしのタイトルは凝っていて格好イイですよラストの戦闘シーンは洋画なみ?セットも非常に良く出来ています手に汗握る緊張感!音も映像も迫力ありますただ、少し違う...一二三さん、TB&
2005/04/05(火) 16:36:51 | (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!
出演:役所広司、妻夫木聡、柳葉俊郎、香椎由宇、石黒賢、田村準、佐藤隆太、ピエール瀧、小野武彦 等々監督:樋口真嗣脚本:鈴木智制作:亀山千広原作:福井晴敏広島に原爆が投下された――更なる原爆投下を阻止する為に、ドイツからもたらされた特殊兵器<ローラレイ・シス
2005/04/10(日) 22:35:43 | 本と映画の曲がり角
「ローレライ」(2005) 日本監督:樋口真嗣  製作:亀山千広  プロデューサー:臼井裕詞 市川南 甘木モリオ  製作総指揮:島谷能成 関一由 千草宗一郎大月俊倫協力プロデューサー:山田健一原作:福井晴敏 『終戦のローレライ』(講談社刊) 脚本:鈴木智撮.
2005/08/28(日) 00:21:19 | ★☆カゴメのシネマ洞☆★
   Immortality  ~永遠なるもの~ パウラ・アツコ・エブナー、 漆黒の水密服を装着した君は 鋼鉄の魔女にして、 純白の煙管服に身を包み 伊507のタラップを昇る君は 救国の聖少女、 聖上と日本と僕たちの未来を守り抜き 征人の腕...
2007/04/01(日) 16:24:07 | パウラ最高 ~おかえりなさい。綾波レイ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。