映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:クリント・イーストウッド
出演:ショーン・ペン/ ティム・ロビンス/ ケビン・ベーコン/ ローレンス・フィッシュバーン/
評価:★★★★☆
時間:138min・PG-12(2003米)
原題:Mystic River



【物語】
幼なじみの3人の一人が誘拐事件に遭う。そしてみんな別れてしまい、25年が経ち、3人はある殺人事件で再び出会う。一人は刑事。一人は被害者の父。そして一人は容疑者として・・・。

【感想】
もうひとつの「スタンドバイミー」としてって宣伝されていて、米で絶賛されている作品をさっそく鑑賞してきました。(スタンド~はだいぶ昔に2回位しか鑑賞したことなかったりして・・・。)

 物語は25年前の子供の頃の誘拐事件から語られます。そして25年後、ジム(ショー)の娘が殺される事によって話しは進んでいくんですが、やっぱショー・ペンの演技がとても 凄く良かった。被害者として子供を亡くした父として、そして犯人を捕まえてやると鬼気せまる親として見事って感じでした。同時期に鑑賞した「コール」で悪役を演じていた、 自分の中では悪役のイメージ深いケビンは今作では刑事として演じていて、自分が見た作品とはイメージがなんか違く見えました。そしてティムは、子供の頃の傷が癒えていなく25年間停止してずっと困惑した感じが良く出ているなぁ~って凄く関心しました。
ローレンスは、自分の中で、自分の中でもろモーフィアスだぁ~!ってイメージが出来てしまっていますが(笑)、主演の3人についで淡々と刑事の職務をまっとうする役を熱演 していましたよ。

 主演の3人の家族は、子供の頃、そして大人になっていろいろと心の傷を抱えたまま、話は娘を殺した犯人は一体・・・。って感じで物語は進んで行き、後半は目が離せない展開でした。(上映中ずっと目が離せないけど(^^;))

 そんで感想はって言うと、約2時間半の長さを感じる事無く物語は楽しめましたが、話が悲しいというより、とてつもなく悲しくて切なく感じてしまいました。この作品はサスペンスとして良かったと思うけど、観賞した後はガクリって感覚を味わうので気分が落ち込んでるときは鑑賞しないほうがいいのかも・・・・。

余談ですが、スタンドバイミーの子供達が大人になったって話をイメージして、もう一つのってうたってるけど、スタンドバイミーとは違う気がしたなぁ・・・。

鑑賞日:(2004年)
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
とし兄さん、本アルツか?
それともウケ狙いか?
(画像、間違えてますよ!!)
こんな「ミスティック・リバー」観てみたい!
しかもシリーズ完結編!!(爆)
2005/05/30(月) 23:02 | URL | きょしょう #79D/WHSg[ 編集]
連投失礼。
直ってるよ、数秒で。
2005/05/30(月) 23:04 | URL | きょしょう #79D/WHSg[ 編集]
◆巨匠
確認せずに投稿したら・・・
黒い鈴木雅之が・・・・・!!
自分で爆笑したよ♪
オイラも見たい!!
2005/05/30(月) 23:08 | URL | としぼう #79D/WHSg[ 編集]
あぁ、幻のミスティックリバー画像見たかったなぁ(笑)
それはさておきこの映画。
ずーーーんと重い内容でしたよね。
押しつぶされそうなぐらい重いってことは強烈に印象に残ってます。
「スタンドバイミー」というよりは、同じ仲良し4人組でも「スリーパーズ」の方がぴったりきますねぇ。
2005/05/31(火) 00:21 | URL | dodo #79D/WHSg[ 編集]
◆dodo
幻は巨匠宛のコメントをヒントに思い浮かべてください(笑)
そうなんだよ!
この作品の重さは、今まで映画観てきた中で
初めての経験でしたよ・・・・・。
でも良い作品ですよね~
そうだね~「スリーパーズ」の方があってるかも知れないよね~
2005/05/31(火) 01:18 | URL | としぼう #79D/WHSg[ 編集]
これ、一昨日スカパーで撮って
まだ見てないんだ
スタンド・バイ・ミーと違うのか?
ちょっと、残念だな。
重いって、どれぐらい重いんだろう?
急いで、見て見よう
2005/05/31(火) 09:51 | URL | GINGA #79D/WHSg[ 編集]
3月に劇場で観ましたよ~!
ワタシもコレすごく好きです。あの3人の演技はとっても良かったです。
もうひとつの「スタンド・バイ・ミー」と言われていたのは知りませんでした(汗)。
2005/05/31(火) 19:03 | URL | kuromatu #79D/WHSg[ 編集]
 いい映画だし,役者の力量があるのは判る,判るんだけど,どぉしてもこの八方ふさがり的な救いの無さがダメで…
 ってことは『ミリオンダラー・ベイビー』もわしにとってはダメになっちゃうのかなぁ(泣)うぅん。まぁ今週観て来るので,その時にまた,『ミリダラ』にコメントします。
2005/05/31(火) 22:34 | URL | ゆえひさ #79D/WHSg[ 編集]
◆kuromatuさん
おっ!劇場で鑑賞したんですね!
この作品は3人の迫真の演技が見所ですよね♪
この重い終わり方しなかったら、★×5付けたのに~
映画の予告(とくにTV)は地方によっては違う場合も
あるから、もしかすると広島では「スタンド・バイミー」の事は
言っていなかったのかも~
◆ゆえちゃん
そうこの物語も結末はとても嫌!!
マジでぐったりしたからね~
でも、「ミリオン~」も重いけど、この作品ほどでは
無いから平気っすよん。
感想まってるよ~♪
2005/06/02(木) 21:38 | URL | としぼう #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/197-cbe014e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  2003年 アメリカ 138分 クリント・イーストウッド監督がベストセラー・ミステリー小説を映画化。 個人的にショーン・ペンが好きなので観ましたが、ティム・ロビンス(「隣人は静かに笑う」がオススメ!)、ケビン・ベーコン(「フットルース」から成長しまし◆kuroma
2005/06/07(火) 17:12:21 | アークの映画鑑賞メモ&気になる出来事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。