映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:ルイ・レテリエ
出演:ジェット・リー/ モーガン・フリーマン/ ボブ・ホスキンス/ケリー・コンドン/
評価:★★★★
時間:103min(2004仏)



この作品は、予告でまたベッソンと組んだのか!!今回はどうなのかと鑑賞するか悩んでいたけど、丁度、映画サービスデーって事で鑑賞してきました!

感想は鑑賞しておいて、良かったってのが率直な意見です♪

リーサル・ウェポン4(DVD所持)でハリウッドに進出して以来、彼の作品を大体見続けてきたが、イマイチ評価が低い作品が多い・・・しかも東洋人ならではの背の低さが目立ってるのと、なんか優等生ぽいのが多いんです。ワンでは、悪役も演じてるけど・・・設定が生かされていない。

「ロミオ・マスト・ダイ」★×3.5(DVD所持)
・故アリーヤ(歌も演技も良かったのに・・)と組んだ「RAYアクション」を取り入れた作品・・・
「ワン」★×2
・いろんな世界の100人以上の自分と戦い、最後の一人になるとパワーが得られるという作品。
・「キス・オブ・ザ・ドラゴン」★×3(DVD所持)
リュック・ベッソン監督と組んだ作品

たしかに、本作も「レオン」「ニキータ」を越えられる事は出来なかった。ベッソン監督の作品はいつも、この2作品が素晴らしいので比較されてしまうのは仕方がないと思う。(越えた作品も見てみたいけどね)
彼と組んだ作品「キス・オブ・ザ・ドラゴン」は、ベッソンとリーで制作を担当したがこの作品すら越えて居ない出来だと思ってる。でもそれはそれで良いと思う。映画を作る側、そして観てる観客が楽しめれば良いと思うなぁ。

今作では、リーとベッソンとのコンビの他に、大好きな作品「トランスポート」で組んだ、レテリエ監督とのコンビも再びだったんです!!これはと思い、ちと期待して鑑賞に挑みました♪


さて前振りが長くなったけど作品の感想です。

オープニングから、犬として飼われて来た、「ダニー」(リー)は、首輪を外すと狂犬となり、殺戮マシーンの如く暴れまくり、映像的にはドアップになったりと近い視点(今の流行?)が、多くてかなりの迫力を感じられもう、オープニングからワクワクドキドキものである。

そして、また首輪を付けられると犬みたいに、大人しくなる・・・。その犬として扱われた彼が、ある切っ掛けに盲目のサム(フリーマン)とヴィクトリアに出会い、家族として向かい入れられて人間性を取り戻して行く感じで展開される・・・。

フリーマンは、この所連続で助演回りの役柄で出演してるが、主演を助ける良い役柄を演じており、今作の盲目のピアニストも鑑賞していて、一瞬「RAY」を演じたかったのかな?(笑)と思いましたが、本作でも導き系の役を演じていて、これがナイスマッチングなのはさすがです!!!(バットマン観てないと・・・)

ヒロイン?となるヴィクトリア(コンドン)だが、何故か歯を矯正していて、笑うとギラリとしてちと頂けない・・・・。別に矯正してなくても良いのでは?と思ってしまう。それは置いておいて彼女はなかなか初々しい感じ俳優さんですが、リーと出る場面で、コミカルなシーンも多くて、クスって笑いたくなる部分もあったし、今までのリーの作品との違いも感じられてとても良かった!

最後まで観ると分かるが、最後の詰めはちと甘めかなと思うのが正直な所で最後の大バトル等、いろいろな点で期待して観ていたんだけど・・・。ちと物足りない部分があったなぁ・・・でもまぁー所々甘めな部分もあるが、上映時間も手頃でかなり大満足!!

次回のジェット・リーの作品に期待!!!

それに最近観た作品が油がコッテリし過ぎたせいだろうか・・・。ありふれたアクション作品なのかも知れないこの作品を鑑賞したあと、あーこの映画って楽しいなぁ!!って正直思いました!!

そんな訳で気軽に楽しめる作品なので、宇宙の戦争祭りで疲れた方は是非こちらの作品を鑑賞して欲しいです♪

余談ですが、品川プリンスシネマ(シネコン)は、品川アクアスタジアムやIMAXシアター、そしてボーリング場もあって良いデートスポットだと思うので、東京にお住みの方は一度遊びに行ってみてはどうでしょうか?お勧めですよ♪

【公式サイト】
鑑賞日:品川プリンスシネマ(2005/07/01)

スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
アクション映画を見慣れてないせいか、ワタシははまりましたよ。
飼い主、飼い犬、助ける人、あおる人、上手い具合に描かれてたと思います。
クローゼットから飛び出す子供のシーンとダニーがボスと対決しようと飛び出すところがクロスするトコロは鳥肌たちました。
あはは・・はまりやすいお得なお客さんです(笑)。
2005/07/03(日) 12:53 | URL | kuromatu #79D/WHSg[ 編集]
 やっ。とし兄さんも『トランスポーター』(略して『トラポ』)がお好きなんですねぃ。わしもこれは,チープな作りながら,何か憎めない映画で好きなんですよね。
 だから,ジェット・リーと組む,と聞いてからはもぅ待ち遠しくてですねぇ。正直,同じ日に買った『宇宙戦争』(まだ観てない)より期待していたんですわ。ジェット・リーもやっとハマリ役が出来てヨカッタばい。
2005/07/05(火) 00:36 | URL | ゆえひさ #79D/WHSg[ 編集]
◆kuromatuさん
おっ~!鑑賞されていたんですね!!
>飼い主、飼い犬、助ける人、あおる人
アクションシーンをさることながら、この4つについて
良く描いていましたよね!!
そうそう!!!この過去と現在がクロスする箇所は、
どうなるのか!ってのめり込んで鑑賞しちゃいました!!
自分も文句良いながらも良くはまり易いですよ(笑)
◆ゆえちゃん
そうなんです!TAXIシリーズより、トラポが好きなんですよ~
ジェイスン格好いいし!!パート2も制作されるみたいだから
とても待ち遠しいよね♪
この作品も同じコンビが組んだから、同じ感覚はある物の、
リーの迫力が味付けされて、鑑賞して大正解ですよ!!
ここ最近のリー作品でとても良かったですし!
本当にこれから期待ですよね♪
そういえば、ジェット・リーと中村獅童が「fearless」って作品で
組むみたいですよ~
2005/07/07(木) 02:08 | URL | とし兄@また夜中に目覚ましTV #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/182-2c522ad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 ジェット・リー主演の映画を欠かさず観ているコトに今更(!)ながら気づく。世界寂しん坊目線キングがトニー・レオンなら,彼はさしずめ飛び道具的なビショップだ。 大作ばかりで疲れたよぅ,って時に観ると意外に楽しめる佳作。そぉ,食後のデザート・バニラアイスの◆k
2005/07/05(火) 23:02:58 | 日々徒然ゆ~だけ
キス・オブ・ザ・ドラゴンリュック・ベンソン脚本、ジェット・リー主演で再びタッグを組み「ダニー・ザ・ドック」が公開されましたが、以前「キス・オブ・ザ・ドラゴン」でもこのコンビが組んでいます。そもそもジェット・リーが映画界に入った動機は、”中国武術の◆kuromat
2005/07/14(木) 05:42:27 | シネマつれづれ日記
あの不死身加減はどうなの?とも思いつつ。◆kuromatuさんおっ~!鑑賞されていたんですね!!>飼い主、飼い犬、助ける人、あおる人アクションシーンをさることながら、この4つについて良く描いていましたよね!!そうそう!!!この過去と現在がクロスする箇所は、どうなる
2005/07/20(水) 01:59:25 | ASIAN BABY
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。