映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:スティーブン・リズバーガー
出演:ジェフ・ブリッジズ/ブルース・ボックスレイトナー
評価:★★★★★
時間:96min(1982)




若い人は知らないと思うけど、この作品CG作品としては最高峰の作品で、ファミコン('83)が発売される前にに劇場公開された作品です。当時のパソコンのゲームは、「カセットテープ」を読み込ませてゲームをする事が一般的で、フロッピーディスクのゲームも出始めた時代です。パソコンゲームのCGレベルは今と比べ、ワイヤーフレーム(直線の組み合わせ)で出来たCGにべた塗りした感じのCGが主流だったと思います。

そんなCGをフル活用をして、そして3D化をした映像は当時のコンピュータでゲームした人達には、もの凄い感動を与えた作品で、CG映像の先駆け的な作品でした。

この作品は、自分を首にした社長の不正を暴くため、会社に潜入したが、会社を支配しようとする、コンピュータ・システムMCP(マスター・コンピュータ・プログラム)←(ベタなネーミング。笑)の企てにより、コンピュータの世界に取り込まれてしまい、コンピュータ内に存在する、不正の捜査を続けるプログラム「トロン」と協力してMCPの陰謀を打ち砕くという物語です。

この作品の見所は、やはり当時としては最高だったCG駆使して映像で、作品の6割以上はCGです。その中でも最高なのが電子世界のレースゲーム「ライト・サークル」です。この「ライト・サークル」を見るだけでも価値ありです。今のCGに比べれば、ホントにチープなんだけどね。当時はこの「ライト・サークル」に熱狂した人も居たかと思います。(たしかゲームや、フィギュアとかも発売されたような・・)
そしてコンピュータの世界で流れるシンセサイザーの音楽で、「2001年宇宙の旅」で担当した、”ウェンディ・カルロス”が制作してるそうで、本当にコンピュータの世界に入り混んだ雰囲気をかもし出してくれて聞き応えもありです。

コンピュータ世界に入ると。”プログラム””ロジック””アルゴリズム””インターフェース”等コンピュータについて携わって無いと分からん用語が出てきますが、「マトリックス」みたいに分け判らんって事にはなりませんのでお気軽に鑑賞してみてください。そしてもう一つ注目する点としては、この作品は”ディズニー作品”だと言うことなんです!!なのでSFファンタジー的な作品になっていて、ディズニーとしては、マイナーな作品の部類に入っているのが、この作品が大好きな自分としてはとても残念です。

物語的には、コンピュータ世界に入り混む作品としては、「バーチャル・ウォーズ1~3」(←パート1は、ピアース・ブロスナンが主演、原作スティーブン・キング)「マトリックス」を見て貰えば、進化の過程がよく分かりと思うけど、いろいろと先駆けの作品でした。たしか「トロン」公開後、少しCGのレベルが進化した宇宙戦争物の「スターファイター」が公開されましたが、「トロン」のCGが魅了された人は、こちらもお気に入りな作品となると思うけど、現在レンタルはたぶん無くて、DVDも存在してないのも残念です。

この『トロン』は、DVDレンタルとして置いてる店もあると思います。また、DVDも廉価版で発売されたりもしてますので、このレビュー見て鑑賞してみたい!と思ってくれたら嬉しいですね~♪

【UMD版について】
PSP専用の映画ソフトとして発売されたんですが、何故か現在発売されてるDVD版とパッケージが違くて、アメリカで発売された20周年記念版のパッケージなんですよ!!このソフトの仕様を見てみると、なんと特典映像があるじゃありませんか!!!実はDVD版、かなり前に発売されていて、DVDとしてはあまり綺麗で無くて、日本語字幕しか付いてないし、映像特典も無し。20周年版は、2枚組の【THX・DVD】で映像の解像度もDVD版と大違いらしいです。
『PSPのパッケージ』













『DVDとUMDの映像の違い』













そんな訳でこのPSP版は、もしや20周年版が元?かもって感じ購入してみました。
映像を見比べると・・・・。DVD版に斑があったりする画像では、無くとても綺麗な映像でした!!!買って大正解でしたよ~!!!しかもこの特典の「ライトサークル」のシーンに”ウェンディ・カルロス”の音楽付が付属してるんですよーー!!この特典繰り返してボヘーと見続けてしまいましたよ(笑)

そうそう、PSPのUMDで映画観た感想ですが、これはポータブルDVDで鑑賞するよりはPSPを持って歩いた方が手軽で良いかなって事です。映像も綺麗だと思うしさ、でも音はDVDと同様に小さいので部屋で見るときはちと物足りない感じがしましたね(^^;)実際にはヘッドホンつけて見るから関係ないけどね。操作感としてはは、PS2のDVD操作より楽に感じましたよ~。

そんな訳で、PSPで映画観るのもいいなぁと思いましたが・・・。UMDの値段が高い!!せめて2000円台にしないと、だってDVD版は低価格や廉価版など発売されて、トロンの場合は1500円で手に入れられます。UMD自体、世界標準のDISKと正式に認定されたこともあり、普及させるには値段をもう少し下げる努力をして貰いたいですが、DVDより制作コストがかかるんだと思います。

あーどうでも良いから、まずは20周年版のDVDを国内でも発売してくれ!!!!ついで、一時期出た『トロン2』はどうなったのディズニーさん!!!!!

鑑賞日(劇場):松戸か?青戸?(1982)
鑑賞日(UMD ):マイホーム(2005/07/18)

スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
んー。FFⅦのムービーもDVDとUMDの両方買うのかすら?
2005/07/19(火) 09:43 | URL | ガンキチ #79D/WHSg[ 編集]
トロン! 懐かしいなぁ~~~♪
かなりハマッたからね~~。
久しぶりに観てみようかな? (´ω`)
2005/07/19(火) 19:28 | URL | YOSHI #79D/WHSg[ 編集]
◆ガンキチ殿
基本的にはUMDは買いません!勿体ないし~
そんな訳で、FFⅦはDVD版のみ購入予定っす!
◆YOSHI
トロンいいよね!!是非久々に鑑賞してみてよ~
懐かしい感たっぷりで、今でも十分楽しめるよ~♪
2005/07/20(水) 06:45 | URL | とし兄 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/170-43a70562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。