映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:篠原哲雄
出演:竹内結子/ 玉山鉄二/ 香川照之/ 田芳雄/ 香里奈
評価:★★★★
時間:111min(2004)





この作品は小説「天国の本屋」シリーズを映画化した作品で物語は、ピアニスト・健太がひょんな事から天国につれてこられて何故か天国の本屋でアルバイトすることになることから話は始まります。

前半淡々と物語が進むので、あれ・・・この作品詰まらないのかなぁ?って心配しつつ鑑賞してましたが、健太のあこがれのピアニスト翔子(竹内)との話と、地上で、翔子の姪が香夏子(竹内)が、翔子と香夏子なんですが、竹内結子が二役演じて居るんですが、片方は清楚なピアニスト、もう片方は、元気な女の子と演じ分けていました。そして伝説の“恋する花火”を復活させる話がリンクし始める頃から物語が面白くなって行きます。

中盤で天国の本屋で、香里奈さんが演じる結衣のお話が、展開が分かってるのにもかかわらずにかなりウルウルもので、やられちゃいました(T_T)そして次第に互い物語が1つに重なって行き終盤に進むんですが、この終盤ではピアノの演奏と美しい花火の映像が写しながら物語はエンディングに向かっていきます。ファンタジー系作品って事もあってか暖かな感じな作品でしたよ~。竹内結子さんの劇場出演作の「よみがえり」「星に願いを」そしてこの「天国の本屋」と3作品とも天国と亡くなった人と出会うファンタジー系ラブストーリーなんですよね・・・。その為か、役柄というか演じ方が似た感じだったので、う~ん・・・。と思う所もありましたね。(「いま、会いにゆきます」で、4連続か・・・。)

この作品のパンフレットが本屋という事もあってパンフレットとしては珍しい文庫サイズでしたよ~。あとエンディング曲は、松任谷さんが歌っていますが、自分的にはちょっとこの曲が微妙にあってないような気がしました・・・まぁ~とにかく、この作品は暖かな感じなラブファンタジーを見たい方や、花火を楽しみつつ、ピアノ演奏を聴いてみたい方にお勧めです♪

鑑賞日:amcイクスピアリ(2004/06/09)

スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/125-ada7d231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。