映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:紀里谷和明
出演:伊勢谷友介/ 麻生久美子/ 寺尾聰/ 唐沢寿明
評価:★★★★☆
時間:141minmin






【物語】
Story50年にも及ぶ戦争が続く荒廃した地球。戦場で命を失った鉄也(伊勢谷)は、父である東博士(寺尾)が開発した新造細胞によって新造人間として復活。人類に反旗を翻す新造人間ブライ(唐沢)率いるロボット軍団との戦いに巻き込まれていく・・・

【感想】
子供の頃よく見たテレビアニメ「人造人間キャシャーン」の実写版。キャシャーンが実写になると聞いてから期待してまっていました。公式サイトで予告を見てから、映像美に惚れ込んで待っていた作品を鑑賞してきました!

この作品実は、「キャシャーン」という人気アニメを媒体に、戦争と人類をテーマにした作品で、何故人は憎しみあったり、疑ったりして戦争を起こして、殺し合うのか・・・。という事訴えてる作品なんです。実際に鑑賞すると戦争の悲惨さをつたえていて、別の作品を鑑賞してる感じがしました。では、この作品は「キャシャーン」では無いのか?と言われるとちゃんとした「キャシャーン」になっています。

TV版とは設定や人物が結構変わってるが、きちんとキャシャーンに出てくるキャラクターは全部出てくる。フレンダーもただの犬だけどちゃんといます。(TV版も1話ではただの犬だし)
物語は日本が戦争に勝ち続けてる設定で、公害病が発生してしまってる世界の話。(TV版は地球の汚染が広がってて公害が発生してる)と設定は違えどキャシャーンになっている。
そして期待のキャシャーンvsアンドロ軍団では、TV版を彷彿させるアクションであまりにも格好いいので魅了されてしまいます。(そんなに大量にシーンは無いです 。残念)

そして何より、この作品の映像!通常の実写作品と違い、紙芝居っぽい感じで、人物と背景をCGで加工した映像にせりふが流れてる感じなんですよ。この世界を描いてる映像もすごく気に入ったし、監督のセンスを感じられてとても良かった!

今TV版を鑑賞すると、アドロイドに虐殺される人類を救おうとするキャシャーンは、子供の頃は、アンドロイドどんどん倒せ!って楽しむ作品だったけど、大人になってこの作品を考えると、この実写版キャシャーンは正解なのかなぁって思えました。紀里谷監督の次回作も期待!

鑑賞劇場:松戸シネマサンシャイン(2004/04/24)

スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/123-d2603387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
CASSHERNそうなんですよ!zaburiさん!愛らしい○○○が良いんですよ(笑)実はこの作品を鑑賞する前に「21g」を鑑賞したんですが、こちらのナオミ・キャンベルの○○○も魅力的でしたが、自分は前者が好きです(^_^;)自分もマシューTVを楽しく拝見してるんですが
2005/04/16(土) 22:09:55 | 黒子童話集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。