映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:ローランド・エメリッヒ
出演:デニス・クエイド/ジェイク・ギレンホール/エミー・ロッサム
評価:★★★☆
時間:124分




この映画予告を見てあっ!またパニック映画かぁ~って思ったけど、この作品の今回のテーマは「地球の温暖化」。年々世界中で洪水や寒波・熱波の話題が増えてきていて、ちょっと地球環境はどうなるのか興味津々だったので、パニック映画はもういいと思いつつも鑑賞してみました~!

感想はというと序盤はちと身震いした(>_<)、そしてやっぱね!って感じの作品。
物語は温暖化?の影響で南極のグリーンランド程の巨大な氷棚の崩壊から始まり、その事により次第に竜巻や巨大な雹が降ったり、長雨や巨大なハリケーン等、異常気象は留まること無く、そしてついには、超巨大な津波により、NYは大被害に陥る。

そしてついに巨大な低気圧のハリケーンにより気温低下現象により、外に出たら瞬時凍ってしまう現象が全世界で起こり始める・・・。ここまで鑑賞していて、これ本当にありそうだなぁ・・って心底身震いしてしまいました。

しかし、やっぱりパニック映画のお決まりのストーリー展開で、父役のデニス・クエイドが息子役のジェイク達を助けに行くという話なので、しだいに身震いは無くなっていきました~。あと突っ込みたい所も結構あったしね~(笑)でもこの作品を鑑賞して思ったことは、本当に温暖化?の影響は分からないけど、年々地球の平均気温は上がっていて、少しずつ北極&南極と氷は溶け始めていて、たしかあと、4℃位上がると両極の氷は完全に崩壊すると言われています。映画と似たような出来事が本当に近い将来に起こるような気がしてなりませんでした。

劇中にも出てくる京都議定書もアメリカは抜けたまま、温暖化も歯止めがまるっきり掛かっていない現状を見ていると本当に未来が不安に思えた作品でした。限りある資源の石油に変わるエネルギー源も無し・・・。ただ実際に温暖化が起きていなかったら、低評価にしたと思います。今の現状を考えるとホラーよりよっぽど怖かったです(>_<)ジェイクの恋人役のエミーは「ミスティック・リバー」で殺害された娘役の女優さんです。

そうそう、この映画の吹替え版のエンディングテーマを歌ってるのが、日本グループバンドの「day after tomorrow」らしいです。ちょっと冗談かと思ってしまいました(笑)そしてこのボーカル「misono」のお姉ちゃんは、ハニーの主題歌を歌っている「倖田來未」らしいです。姉妹揃って映画のテーマ曲を採用されるのはちょっと凄いと思ったなぁ~。PS.あらゆるVFXを使った今作に続き、エメリッヒ監督の次回作はどうなるのかな??ネタ尽きたかな・・(笑)
鑑賞日:2004/05/29

スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toshiani.blog22.fc2.com/tb.php/10-5399a5bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。