映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:山村浩二
声優:茂山千作/茂山七五三/金原ひとみ
評価:★★★★★
時間:32min(2007米)
【公式HP】




「全作短編だが、和風な感じな独特な細かい描写が素晴らしい!!」

実は山村浩二監督という方を今回映画祭で初めてしって予告で映像に惹かれたので鑑賞してきました♪
以下、4本の上映で52分+舞台挨拶+池内 紀(ドイツ文学者)と対談と、計2時間のボリューム満点でした。

「こどもの形而上学(けいじじょうがく)」
・形而上学ってのは現象を『超越』してその背後にある本質や根本的な世界、存在を純粋な思考(理性)、あるいは直観によって探求・研究する学問らしいんですけど、子供を通して、メタモルフォーゼしてぱっと見分け判らんシュールな映像で楽しめましたよ。

「校長先生とクジラ」
・クジラ捕鯨反対キャンペーンの為の作品だけど、3分という時間でこれだけ素晴らしい映像が見れると思わなかった。かなり好きですこれ!ジブリとかの短編でもありそうな作品ですがとても印象に残りました。クジラの描かれ方が良かったなー。

「年をとった鰐」(2006製作)
・ワニがタコの足を1本ずつ食べちゃうお話。海外の童話かな?この話昔聞いた事あるような気がしたけど、絵本チックで楽しめたけど切なさもありました。

「頭山」(2002製作)
・何故か頭に桜の木が生えてしまう男の話。画が水彩画?っぽい感じの絵と描き込みが凄い映像も満喫したが、落語がベースらしく終わり方もエーって感じでなかなかです。本作はアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートしました。

「カフカ 田舎医者」(2007製作)
・フランツ・カフカの短編小説のアニメ化。ちょっと内容が哲学とか表現が判りにくく感じたけど、「頭山」の映像を上回る描写が素晴らしく見応え有り。ただ話が理解しきれず完全に楽しめなかった(←頭が弱いWWW)

宮崎駿、今敏監督作品など素晴らしい描写を描く方が沢山いますが、彼らの作品とはまた違った素晴らしい日本アニメが垣間見れると思いますよー。良かった!!

11月17日から「シネカノン有楽町2丁目」にて上映されるそうです

鑑賞日:2007/10/20 第20回東京国際映画祭「animecs Tiffオープニング作品」
【Movie Review Index(PC向け)】


スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)

監督:庵野秀明
声優:緒方恵美/ 林原めぐみ/ 三石琴乃/ 立木文彦/ 山口由里子/
評価:★★★☆
時間:98min(2007)

【公式HP】




エヴァンゲリオンを鑑賞するのは、多分旧劇場版のDVDがレンタル開始になった頃以来かな?昼間に鑑賞したんだけど、映画サービスデーと土曜日そして初日って事もあって夜の部まで満席で完売してました!!(すげーなぁ!!)

本作はヤシマ作戦までの第6話までが描かれているダイジェスト的な総集編って感じかな?ただ総集編と言っても、「劇場版:機動戦士Zガンダム3部作」と違い、追加シーンは勿論だけど、TV素材を生かした全新作画だという事に評価したい。(これが一番嬉しい!)今時代にあった描かれ方してるので、古くさいというイメージは無かったなぁ。(CGも多用で今風です。)
ヤシマ作戦はとても良く格好良く描かれていますし、新作カットでは、ちょいとムフフな映像もw

物語自体は、TVに比べてシンプルになった気がしたかな?そのお陰かさらにシンジの成長ぶりが気になる感じに出来上がってる気がしました。あとエヴァならではと言う、黒背景に文字が無くなってるのがTV版を見た人にはちょっと違和感があるかも?

でもねーやっぱり総集編の域を抜け切れてない気がしたのが残念。(予告とかで判ってるように、終盤にカヲルが登場する以外)で、本作の注目はエンドロール後の次回予告です。つうか次回予告が熱い!この予告だけで次回作早く見せろー!!ってなると思いますよ(但しTV版のエヴァを見た人だけねw)

とにかく次回作からが本当の新ヱヴァなんじゃ無いかと思いますよ。あと3作品楽しみですね!

bnr_eva_a02_01.jpg


鑑賞日:2007/09/01
【Movie Review Index(PC向け)】


監督:原恵一
声優:冨澤風斗/ 横川貴大/ 植松夏希/ 田中直樹/ なぎら健壱/
評価:★★★★☆
時間:138min
【公式HP】




評判が良いのは知っていたんだけど、どうも子供向け何だろうなぁって思っていたら、知り合いからお勧めですよー!って聞いたので上映終了間際に鑑賞してきました。

これは洋画で言えば、河童を使った邦画版「ET」のイメージに近い感じで、イジメやマスコミの加熱報道、野次馬など、人間の嫌なところが凄く見えたり、環境的な話しもありつつ、子供の成長に語っていたりと子供も楽しめるけど、むしろ大人向けのアニメでした!!

河童のクゥも最初にイメージしていたより可愛いし、背景も日本ならではって感じで描かれていてとても良質の作品です。子供向けにするならもう少し上映時間を短くて簡潔にした方が良いかと思いましたね

鑑賞日:2007/08/25
【Movie Review Index(PC向け)】
ポチッと!(^_^;)

監督:曽利文彦
声優:黒木メイサ/ 谷原章介/ 松雪泰子/ 大塚明夫/ 朴ろ美/
評価:★★★☆
時間:109min(2007)
【公式HP】



副題に日本鎖国2077と付いていて、ちょっと面白そうかもって思って鑑賞してみました。が・・・

物語は日本をハイテク技術で鎖国して、それを米国の”SWORD”部隊が潜入するんだけど、そこからが予想したほどの内容では無く、折角、「鎖国」と言うアイディアを出しながら生かし切れてないなぁ~って思いましたね。

アップル・シードよりはCGはパワーアップしてると思うんですが、映像の見せ方とかも良いですし、どうもこの3DCGの描き方が人形ぽく余り好みでは無いんだよな・・・。メカの表現とかは良くなってるけどね。

物語としてははアップル・シードの方が面白いと思いますよ。そう言えば、エクスマキナ(アップル・シード2)が10月に公開されますが、この作品ジョン・ウープロデュースとして参加しているので、アクションシーンとか見応えがありそうな予感です。

鑑賞日:2007/08/19
【Movie Review Index(PC向け)】
ポチッと!(^_^;)

監督:ブラッド・バード
声優:パットン・オズワルト/ ルー・ロマーノ/ イアン・ホルム/ ジャニーン・ガロファロー
評価:★★★★
時間:117min(2007米)
【公式HP】





本編の前に上映された短編に爆笑する(笑)
本作は嗅覚が異常に優れたネズミが料理をしたい!というレミーが主役。レミーを始め、ネズミの動作が良くできていて、ネズミの体の濡れ具合のCGの表現は良くって、流石はピクサーって感じでした。でも物語は誰でも楽しめる王道的な作品で人によってはちょいと物足りないかも。個人的には話の内容は好きですねー。

ただね、劇中リアルのネズミを想像してはダメです・・・。想像したらアウトです(笑)

以前自分の部屋にネズミが突然現れた事があって、それをレミーと思ったら・・orz

鑑賞日:2007/08/11
【Movie Review Index(PC向け)】
ポチッと!(^_^;)


「CGで描かれたVF-Oのドッグファイトが格好いい!!!」

TSUTAYAがレンタル半額だったので、借りて一気に見ました。
この最新シリーズだけ唯一見てなかったんだけど、やっと鑑賞しましたよ。

今作はバルキリー等がCGで描かれていて、ドッグファイトが今までに無くリアルで格好いい!!やっぱマクロスの空中戦のミサイルの軌道の描かれ方は好きなんだよなぁ~♪
最近のアニメでメカをCGで描くのが増えてきてますが、このCGで描かれたバルキリーの変形や戦闘シーンは実にリアルで上手く作品として溶け込んでいる居る気がしましたね。

メカで言えば、アーマードバルキリーやモンスターなどのプロト版がリアルな映像で見れるし、旧テレビシリーズより格好良く見えてしまうのは、映像が進化してるから仕方が無いんだけどね。

このシリーズでフォッカーがずっと登場してるんだけど、最初あんた誰?って感じで名前が呼ばれるまで気づかなかったよ・・・。もうちょっと似せても良かったのでは?(笑)
4巻は戦闘は少なく、登場人物中心のお話になっていてちょいと全編的に戦闘シーンの映像は要チェック。この作品がマヤ文明と関連する物になっていたのも鑑賞していて驚いたりした。物語的には自然と人間ドラマとラブストーリーで展開されていて、かなり外伝的な感じでしたがとても楽しめましたよ~♪

個人的には「マクロス・プラス」が一番好きですけどね(^_^;)

この作品観たら、ちょっと「劇場版マクロス」が見たくなったけど、全部貸し出し中だったよ・・・orz

ポチッと!(^_^;)

監督:クリス・ミラー
出演:マイク・マイヤーズ/ エディ・マーフィ/ キャメロン・ディアス/ アントニオ・バンデラス
評価:★★★☆
時間:93min(2007米)
【公式HP】



「ベビーシュレックはキモ可愛い♪そつなく楽しめる作品ですよ♪」

シリーズ3作品目ですが、面白さは十分で、退屈感等は無く普通に楽しめます。このシリーズはピクサー作品は吹き替えで鑑賞してるんだけど、本シリーズはずっと字幕で鑑賞しているんです。まぁ浜ちゃんの吹き替えってのが、ピンと来ないんですよ・・・。(^_^;)

今回は初の子供の登場で、シュレックやフィオナ姫が親になる心境と、王様亡き後の後継者として、親戚筋の「アーサー」探しの旅と、ハンサム王子の復讐劇と3つの構成になっていて、色々と楽しめるようになっています。
▽Open more.
ポチッと!(^_^;)

監督:今西隆志/百瀬慶一/河田成人/米たにヨシトモ/他
出演:古谷徹/井上瑤/飛田展男/池田秀一/広森信吾/他
評価:★★★
時間:28+45+45min(2006-2007)
【公式HP】






「内容的にはちょっとしたお話なんですが、3DCGで、歴代ガンダムのアナザーストーリーが楽しめますよ!」

ローソンやら、販促物として限定だったDVD作品が3枚のDVDで発売されて買うほどでは無いだろうなって思っていたんですが、プラスが発売と同時にレンタル開始されたので早速3部作を借りて見ちゃいました♪

感想としては、基本的には既存のガンダムのアナザーストーリーで、どうもオマケな作品的要素が強いんですが、一部作品は見応えありのもありましたよ。軽く下記の方に一言づつ各作品にコメントを入れてみました♪

個人的に好きなエピソードはEVOLVE4,5,8,9,10,12,14でもしこの3部作でお買い得感があるのは、「GUNDAM EVOLVE ../Ω」かなぁ~

本作は3DCGによりガンダムのアナザーストーリーが描かれています。3DCGのガンダムと言えば、「Gセイバー」や最近だと「MS IGLOO」がありますが、この2作品と違い、3CDGにトゥーンレンダリングを施している作品が大半を占めている事です。個人的に「MS IGLOO」のリアル感なCGも良いとは思いますが、トゥーンレンダリングの方が好きですね。アニメ画とリアル画の中間っぽいですけど、本作を見ている限りこれで新作のガンダムを作ってみませんか?ってお願いしたい感じです。SDガンダム(見たことは無いんですけどね・・・)では実際に使われたみたいなので、リアル系新作で是非!!

でも、人物の3DCGはイマイチなので、この辺りはセルアニメでお願いします。「ファイナルファンタジーVIIアドベントチルドレン」位な人物映像なら良いですけどねー(←無茶言い過ぎW)
▽Open more.
ポチッと!(^_^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。