映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:アダム・ラベッチ サラ・ロバートソン
出演:稲垣吾郎(ナレーション)
評価:★★★★★
時間:084min(2007)
【公式HP】



「ホッキョクグマを初めとする動物達の愛らしさと、温暖化の厳しさを伝えてくれる作品」

US版皇帝ペンギンスタッフが制作したホッキョクグマのナヌーとセイウチのシーラと言うキャラを設定した物語風味のドキュメンタリー。 温暖化の影響で消え行く北極を、ナヌーとシーラーの生態を通して、地球温暖化を訴える作品になってます 。

ホッキョクグマとセイウチの愛らしい一面を見れて微笑ましいシーンがある反面、現状の北極に住む動物の過酷な生活が良く分かります。この作品を鑑賞すると本当にこの数年で北極での環境が劇的に変化したことが判ります。この映像を実際に見たときあんまりで泣きそうになりました。 『不都合な真実』は将来が怖いかもってぞぞってなりますが、この作品は胸に来ますよ。
北極をテーマにしたドキュメンタリーと言えば、「ホワイト・プラネット」が在りますが、こちらは温暖化を最後の一言で伝えてるだけなんですが、現存する北極に生存する様々な動物達の生態を楽しめる作品になっています。個人的にはイマイチでしたが・・。

あとナレーションの稲垣吾郎&エンドクレジットの手嶌葵の唄は作品とあっていて、作品の最後を綺麗に飾ってくれています。

ちなみに2030年に北極の氷は無くなるそうです。(作品では2040年って言っているので制作途中で温暖化が加速してるのが判ります)
今回ドキュメンタリー物とは珍しくエンドロールでスタッフが撮影してるシーンが見れますので最後まで見て欲しいですね♪

関連作品:
「ホワイト・プラネット」
「不都合な真実」

鑑賞日:2007/10/08
【Movie Review Index(PC向け)】
スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)

監督:堤幸彦
出演:柳楽優弥/ 石原さとみ/ 田中圭/ 貫地谷しほり/ 関めぐみ/
評価:★★★★
時間:118min(2007)
【公式HP】



「包帯フェチの物語では無く、心の傷を癒す物語ですよ」

最初この作品のタイトルを聞いたとき、「包帯フェチ」の映画!?って思いましたが、予告見たら違っていたwジャンル的に青春ドラマはあまり見ない方なんですが、予告でサッカーゴールに包帯を巻いて、石原さとみがポーズしてるのを見て、何か面白いのかなって事で鑑賞してきましたよ。

作品的には面白いって言うより、悩める子供達が傷ついた心を癒す為に、傷ついた場所で、包帯を巻いて癒すと言う包帯クラブの物語。柳楽優弥の出演作品を見たのは実は今回が初めてなんだけど、彼の関西弁がトークが面白かったり、石原さとみが結構ヤンキーっぽい話し口調だったりと各出演者が好演は楽しめた。

でも、内容的にはちょっと重めな内容で、今の若い人も色々悩んでいるんだろうなーとか、自分の青春時代も色々悩みってあったよなーとか思い出しつつ作品を見ていて友情って大切だよなー。と感じさせる作品でした。

個人的にこの作品を見て、包帯巻いて貰ったら癒されるか?と聞かれると、うーんな感じですけどね(^_^;)
あと、本作品におけるサントラは結構印象深かったなぁ。

鑑賞日:2007/09/28
【Movie Review Index(PC向け)】
ポチッと!(^_^;)

監督:ティム・ストーリー
出演:ヨアン・グリフィズ/ ジェシカ・アルバ/ クリス・エバンス/ マイケル・チクリス/
評価:★★★
時間:92min(2007米)
【公式HP】



「見所はジェシカ・アルバのみ!?彼女のメガネ姿に萌え?」

本作では新キャラのシルバーサーファーが登場!ぱっと見はターミネータ2のT-1000っぽいが、個人的こちらの方が好きだな。宇宙をサーフィンするって言うのが格好いい!しかしこのキャラそんなに活躍しないんだよねー。ちょっとキャラを生かし切れていない気がする。
あと今回は能力入れ替えや新メカも出るんだけど、そんなに活躍シーンが無いんだよね。

これは物語的なんだけど、今までの作品だとヒーローの正体ってばれていないけど、この作品だけは例外で正体が分かってしまってる為、一部コメディーっぽくなっています。まぁーこれは作品的に仕方がないことかな(笑)それに突っ込み所が多すぎ(作品設定が曖昧過ぎ)

時間的に1時間半と短めであっさりなヒーロー作品で物足りなかったなぁー。まぁーつまならいって程では無いけどね。(時間短いのは良いとして。)

個人的に一番良かったのはめがねのジェシカだったり・・・。
めがねのジェシカにメロメロです(笑)
本作では、ジェシカが好きなら大満足なはずだw

そう言えば、スタン・リーがスタン・リー役でカメオ出演してたのにちょっと笑えました。

この作品ちょいと軽い気分でアメコミ作品見たいって方に向いてるのかも?この作品の見所はジェシカ・アルバだけかな?

鑑賞日:2007/09/23
【Movie Review Index(PC向け)】
ポチッと!(^_^;)

監督:デビッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ/ エマ・ワトソン/ ルパート・グリント/ レイフ・ファインズ/ ゲーリー・オールドマン/
評価:★★★☆
時間:138min(2007米)
【公式HP】



「作品が凄くダークな感じで、新任のアンブリッジ先生が陰険で嫌な感じw」

前作から大分ダークなイメージが大きくなって来た本作ですが、物語の初めからホラーかよ!!って言いたいくらい(←大げさ)に、オープニングの所で、ビビッてしまいました(汗)突然「ドンッ!!」ってキャラが現れるのは心臓に悪いので止めてくれ~って思いました。とにかく全体的にダークな作品です。

本作は、ハリーがイジメ等の試練に耐えて、友情と信頼が主題に置かれている作品で、楽しいってシーンはかなり少なめです。
▽Open more.
ポチッと!(^_^;)

監督:クリストファー・ノーラン
出演:ヒュー・ジャックマン/ クリスチャン・ベール/ スカーレット・ヨハンソン/ マイケル・ケイン
評価:★★★★
時間:130min(2006米)
【公式HP】




「色々レビューを読まずに、二人のマジシャンの復讐劇と競い合いを鑑賞するのがベストです!!」

待ちに待っていた「プレステージ」を早速鑑賞してきましたぁ~♪うーん。残念ながら期待していた程では無かったです。予想していた程の驚きは無かったんですよね(^_^;)

映画の初めに「決してほかの人に最後のネタバレしないようにしてください」と本作を監修したデビット・カッパーフィールドのメッセージが流れます。てな訳でネタバレ厳禁作品なんですが、一応バレ無しで書いてますが、心配な方は読まずに作品を鑑賞した方が良いですよん♪
▽Open more.
ポチッと!(^_^;)

監督:ティエリー・ランゴベール/ティエリー・
ナレーション:宮崎あおい(DVD版)
評価:★★★★
時間:81min(2006仏)






「ホッキョクグマやアザラシなど、極寒の動物たちの貴重な生態の映像が盛り沢山!そして・・・・。」

上映中には多忙により見れなかったドキュメンタリー作品。ここ数年、「WATARIDORI」「DEEP BULE」「皇帝ペンギン」と立て続けに毎年動物系のドキュメンタリー作品が公開され、南極のペンギンをメインにした作品が既に公開されたので、今作は北極のホッキョクグマをメインに取り上げた作品です。

本作の見所は、ホッキョクグマの親子に限ると思いますね♪ホッキョクグマが子供のために腹を空かせて幾度も餌を求めて、やっと捉えた餌をあげるのは大変だと思います。それにこの極寒の中撮影しているスタッフもどうやってこのシーンを撮影しているのか?って所もあります。(これはどのドキュメンタリー作品でもそうですが・・・)ホッキョクグマの他にも、白イルカ、ザトウクジラ、イッカク、アザラシ等登場します。ちなみにペンギンは南極なので登場しませんのであしからず。。。
▽Open more.
ポチッと!(^_^;)

監督:ナンシー・メイヤーズ
出演:キャメロン・ディアス/ ケイト・ウィンスレット/ ジュード・ロウ/ ジャック・ブラック
評価:★★★★★
時間:135min(2006米)
【映画公式HP】




「映画制作まつわる話や人と人の繋がりを心地よく描かれた、映画ならではのラブコメの秀作♪」

メイヤーズ監督の「恋愛適齢期」がとても良かったのと、今回キャメロン・ディアスとジュード・ロウ、そしてジャック・ブラックが出演してるラブコメって事で注目していたんですが、やっとの事鑑賞してきました♪

感想は、こんな話は映画の中だけだけど、キャメロンとケイトはキュートだし、久しぶりに見たジュード・ロウはやっぱ格好いいし(自分としてはですけど)
ジャック・ブラックの役はちょっとイマイチでしたが(笑)心地よく最後まで楽しめるラブコメでしたよ♪時間も2時間以上ですが、体感時間がかなり短く途中途中結構笑えたところもあって、久しぶりに良いラブコメ作品を鑑賞した感じでした♪


▽Open more.
ポチッと!(^_^;)

監督:トム・ティクバ
出演:ベン・ウィショー/ レイチェル・ハード=ウッド/ アラン・リックマン/ ダスティン・ホフマン
評価:★★★★☆
時間:147min(2006独)
【映画公式HP】




「究極の香水、存在するならば是非嗅いでみたい!そして存在するなら欲しいなぁ~♪」

東京国際映画祭、東京シネフェスで上映されたベストセラー小説の映画化作品、当時はそんなに気にしなかったんですが、上映開始後なかなか評判が良いので鑑賞してみましたよー♪

物語は18世紀のパリ。魚市場で産み捨てられたグルヌイユ(主人公)は成長し、赤毛の少女の香りに魅了される。香りに執着してしまいを誤って彼女を殺してしまう・・・。彼は、赤毛の少女の香りを再現するため、恐ろしいほどの執着心で香水の調合を学び、再び女性に手をかけてしまう・・。

上映時間的には、長めで2時間超えで個人的に中盤ちょっとたるみ感があったんですが、最後まで緊張感があって満足いく内容だと思いますよ。主人公の香りへの執着心と赤毛の女性が印象的な作品です♪赤毛の女性と言えば思い出すのが、「ラン・ローラ・ラン」で、そのトム・ティクバが監督しているので、納得いく感じです(笑)
▽Open more.
ポチッと!(^_^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。