映画の感想をバレ無いように書きつつ、個人的に気になるエンタメな話題をひっそりと書います(^_^;)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと!(^_^;)

監督:今井夏木
出演:新垣結衣/ 三浦春馬/ 高橋ジョージ/ 浅野ゆう子
評価:★★★
時間:129min(2007)
【公式HP】




「ピュアな青春ラブストーリーなんですが、ピュアじゃないと泣けないらしいorz」

原作はネットで1200万人が涙して、1ヶ月で100万部も突破したというベストセラーで実話、しかも携帯小説の映画化作品。舞台挨拶でジョージが「美嘉(新垣結衣)とヒロ(三浦春馬)の二人ピュアな想いが号泣させますよー」と言っていたんですけど・・・

最後にジーンと熱くなったけど、泣くまでには至らなかったなぁ
うーん。なんだろうね。

世代が今の若い人の設定だからなのか判らないけど、物語に重みというか、良さを感じなかったんですよ。前半の内容は結構重い出来事が発生しているんだけど、軽はずみ(←今の時代は当たり前?)っぽい気もしてどうも受け入れられなかったんだよね。劇中の重い出来事が、どうもあっさりと過ぎていく(これは彼女が立ち直りが早いって事??)どうもその辺りが納得できなかったのかもなー。

あと予告で「衝撃のラスト」とか唱っているので予告と物語の展開から話の流れが判ったんですが、この位の事が判っていても物語の根本がしっかりしてれば、もっと感動もしたんだろうしと想うんですけど。演技も下手っとかは思わなかったしなー。うーん。画も悪くは無いし。やっぱり演出の仕方なのかもなぁ。あっ、厚化粧の新垣結衣には笑えた。

物語の後半は物語の進行上、泣ける方向になっていたんですけど・・・。テレビドラマチックな作りになってしまったのかな??ただ単にオヤジが見る作品では無かったのか?もう自分にピュアな心が無くなってしまったのか・・・。
ちなみに劇場版「世界の中心で愛を叫ぶ」「いま、会いにゆきます」等はかなり泣けたんですが違いはなんだろうなぁ・・。うーん。
後尺も長いとかも感じなかったし。

ガッキーファンとか女性は鑑賞しても良かったと思えるのかもしれません。あとは若い世代なら良い作品なのかな?

それにしても香里奈ってヤンキー姿似合いますねー!格好いい!!ミスチルの「旅立ちの唄」もグッド!本作の挿入歌でまたまたガッキーも歌っていますよー
個人的には、新垣結衣の劇場作品見るなら「恋のマドリ」の方がお勧めっす!!

鑑賞日:2007/10/23 第20回東京国際映画祭「特別招待作品」
【Movie Review Index(PC向け)】

スポンサーサイト
ポチッと!(^_^;)

監督:小田一生
出演:チャン・チュアン/ 泉 ピン子/ 笹野高史/ 佐田真由美/ 西村雅彦
評価:★★★
時間:96min(2008)

【公式HP】




「まるでクリリンみたいなカンフーくんが、活躍するお笑いアクション作品って感じかな??」

うーん。カンフーを題材にした子供向け作品かなこれは?
最初のイメージは気少林サッカーとかあの変の意識した作品していて、泉ピン子が出演しているしこりゃギャグ系作品だろうと思っていたんだけど、予想通りだったけど、ちょっとダメ作品だったなぁー。
クリリンみたいな主人公カンフーくん(チャン・チュワン)は実際に拳法を学んでいるんだけど、どうも子供の為迫力が欠けるかな?あとCGやワイヤーアクションも使用してるけど、大人しめというか荒い感じ。

序盤にカンフーくんが日本に行く方法がかなりおバカなので、馬鹿らしく楽しめるたんですよ。これはドラゴンボールかな?って。泉ピン子がニュー幸楽の拳法使いのおばちゃんとして登場して拳法の使い手だし、可笑しいし頑張ってるなーって思っていたら、小学校の子供らとの生活シーンでかなりグダグダと長くて、中盤に入るくらいからなんか鑑賞してるのが辛くなってきたんですよね。。。

小学校のシーンで笑えたのは、矢口真里が、サユリッペってキャラで小学生役で登場したに驚いたというか、痛いといか・・(^_^;)カンフーくんと戦う悪の親玉(西村雅彦)は背景や戦闘シーンにバリバリCG使ってるけど、重厚感が乏しく盛り上がりに欠けて最後は怪獣作品ですか?って感じでかなり辛い感じの作品でした。

そしてこの作品結構有名な出演者が多いんですよー
敵役で桜塚やっくん、武田真二、佐田真由美、西村雅彦他。ちょい役の上野樹里(友情出演)&古田新田(友情出演)、矢口真里他と揃っていてお笑い作品を目指してる割にはそんなに笑えず(苦笑)なんか無駄に出演者が居る感じがしました。
まぁー。個人的にはメガネをかけた佐田真由美が良いなーと(笑)そして彼女の戦闘シーンがもっと見たかったです(笑)あとはちょび髭の西村雅彦かな。

エンドロールに未公開シーンがあるけど、本編に盛り込んでも良かったかもよ。
評価は小学生(低学年)が見た場合で大人が見たら・・・zzz

本編上映後作品に対して拍手があったんですが、作品があれれ?な感じがあったせいか、そんなに拍手されなかったんですが、監督が舞台端で「ありがとうございました」とお辞儀して去っていくのが印象が残こりましたね。
ちなみに小田監督の前作は『笑う大天使』だそうです。(これもな・・・。)

公開されるのは2008年4月で、単館系みたいですよ。

鑑賞日:2007/10/21 第20回東京国際映画祭「特別招待作品」
【Movie Review Index(PC向け)】
ポチッと!(^_^;)

監督:行定勲
出演:沢尻エリカ/ 伊勢谷友介/ 竹内結子/ 黄川田将也/ 永作博美/
評価:★★★★☆
時間:138min(2007)

【公式HP】




「ちょっと色々ありましたが、本作の竹内祐子の演技が素晴らしい。」

舞台挨拶の件が有る前から鑑賞しようと思っていて前売りは持っていたんですよー
てな訳でエリカ様の話題作を鑑賞してきました!!(笑)

物語は、教師を目指す大学生の香恵は、引っ越し先で前の住人のノートを見つける。持ち主の伊吹は教師で、仕事や恋の悩みが日記につづられていた。香恵は日記に刺激を受け、バイト先で出会った青年画家への思いを募らせていく。

てな訳で、感想は良いです!!泣けましたよー。
なんというか、この作品沢尻エリカで話題になりましたが、彼女より竹内結子の方が断然良いんですけど!!

竹内結子が演じる伊吹は小学校の先生で、彼女の日記を読み進めて物語は進んでいく回想シーンと沢尻エリカ演じる香恵と、伊勢谷友介が演じる石飛リョウの出会う話の交互で展開されるんだけど。もうー伊吹先生と生徒の物語の方で勇気と元気を貰えてしかも涙が・・・。(サイドカーは肩慣らし?で本作で復活って感じじゃないでしょうか。)

伊勢谷友介の画家も良いねー。「スキヤキ・ウェスタン -ジャンゴ-」とは全然違うけど、良い味かもし出してます♪(ハチクロより芸術チック)あとそんなに出番は多くないけど、永作博美も出演していたのでちょいと嬉しくなってしまったよ。

あとねー。最後のワンシーンも凄く画が印象的で感動して涙がダァーーーって感じになり心地よい終り方をします。そのままエンドクレジットに繋がるんだけど、YUIが歌う"LOVE & TRUTH"がこりゃまた良いんだよね♪(←即効CD買いましたwww)

ちょっと気になったのが少し前に観賞した「恋のマドリ」に引き続いて、本作でも引っ越し先に、前の住居人の残した物や関連した人に会って進む恋物語?って感じなんですけど、今後このパターンって流行って行くのかな??まぁー本作は恋物語要素は有るんだけど、元気と勇気を貰える作品です。「恋のマドリ」のは笑いと切ない系。

あの舞台挨拶はアレレ?でしたが、作品は良いですよ。そこが残念。元々観賞予定で舞台挨拶で観賞する気が失せたって方、見たほうが良いかもよ。

鑑賞日:2007/10/14
【Movie Review Index(PC向け)】
ポチッと!(^_^;)

監督:大九明子
出演:新垣結衣 /松田龍平/ 菊地凛子/ 中西学/ ピエール瀧/
評価:★★★★
時間:113min(2007)
【公式HP】



本作は新垣結衣初主演、そして初歌手デビューと新垣結衣の記念すべき作品です。
(歌はCMでもちょっと歌っていたような・・・)

この作品の監督が目指したテーマは「ニッコリ」なんですが、この作品の大半で微笑ましかったり、ついついニッコリしてりまうシーンが盛り沢山あって、作品的には一部切ないシーンもあるんですが、それ補うくらいに「ニッコリ」とさせてくれる作品です。

主演は新垣結衣ですが、共演の松田龍平、菊地凛子はメインキャストで彼らの演技も本当にニッコリさせてくれます。劇中かなり、クスクスと笑ってしまいました(^o^)

特に本作に出てくる「引っ越し屋さん」は注目ですよー!!
エンディングテーマは作詞・作曲がつじあやので新垣結衣本人が歌っていますよ。

ちなみに舞台挨拶付で鑑賞したんですが、ちょうどガッキーと一直線上だった為、見つめられているような気がしました。(←気のせいだからw)

鑑賞日:2007/08/18
【Movie Review Index(PC向け)】
ポチッと!(^_^;)

監督:荻島達也
出演:成海璃子/ 小出恵介/ 片瀬那奈/ 八千草薫/ 岩城滉一
評価:★★★★★
時間:107min(2007米)
【公式HP】


「新感覚のファンタジック・スロー・ラブストーリーが、心地よい感動を与えてくれます♪」

この作品は最初は観る予定では無かったんですが、昨年、乙一原作の「暗いところで待ち合わせ」(主演:田中麗奈)の作品を鑑賞した時にとても良くて、今作も乙一原作作品との事なので鑑賞してきました。もう一つは成海璃子にちょっと注目していたので。

作品を観た感想は、もうとても良かった!!後半は結構泣けましたよ!!ネタバレやパンフを読んだら面白さが半減するのでご注意を!!

▽Open more.
ポチッと!(^_^;)

監督:本木克英
出演:ウエンツ瑛士/ 井上真央/ 田中麗奈/ 大泉洋/ 間寛平/ 室井滋/ 田の中勇
評価:★★☆
時間:103min(2007)
【映画公式HP】






「物語はイマイチだが、ネズミ男の大泉洋が見事なはまり役!、そしてネコダンスがセクシーな田中麗奈もすんばらしい♪」

ちょっとGW旅行先の札幌にて鑑賞しました。感想は、一言で言えば、子供またはファミリー向けで、大人が観ると痛い目に合う感じです。(評価は大人一人で鬼太郎を知っている人が観た場合です)
銀髪のウエンツ鬼太郎は、そんなに酷いとは言えませんが、でもあまり元気が無いです。全体的に芸能人の仮装パーティーっぽい感じで演出・シナリオ的にも良いとは思えなかった。盛り上がれないんだもん。あと恋愛要素は入れなくても良かったのではと思いましたね。
▽Open more.
ポチッと!(^_^;)

監督:マーク・スティーブン・ジョンソン
出演:ニコラス・ケイジ/ エバ・メンデス/ ウェス・ベントリー/ サム・エリオット/ドナル・ローグ/
評価:★★★☆
時間:110min(2007米)
【映画公式HP】




「燃えるヘルバイクの疾走感!!、ゴーストライダーの炎の鞭がかっちょえー!!!」

一時期アメコミは見飽きた感になってましたが、何だかんだ言って結局またアメコミ映画を鑑賞してきましたぁ~♪B級感覚がありますが、ボリューム少なめな感じだけどかなり楽しめました

本作はマーベル・コミックの「ゴーストライダー」を映画化で、物語は「ガンに冒された父を救うため悪魔に魂を売ったジョニーが、ゴーストライダーに変身し、敵対する悪魔の討伐を依頼される」って内容で悪魔の手下のダークヒーローなんですよ。
▽Open more.
ポチッと!(^_^;)

監督:マイケル・アリアス
出演:二宮和也/ 蒼井優/ 伊勢谷友介/ 宮藤官九郎/ 森三中/ 本木雅弘
評価:★★★★
時間:111min(2006)
【公式HP】



先日松本大洋の原作を買って完全に読み切る前に、先着で缶バッチが貰えるって公式HPに書かれていたので、初日に鑑賞してきました!(まぁ・・・結果的に貰えませんでしたが・・・orz)率直な感想は絵が凄い!
▽Open more.
ポチッと!(^_^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。